アロマヨガ|ヨガと更年期

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

リカちゃん アロマヨガ

ひばりのポーズで胸部のストレッチ!胸を開いて深い呼吸をしよう

ひばりのポーズは、胸を開くためのストレッチ効果が高いポーズです。両手を後ろへ引くので、胸を開きやすくなります。また、股関節周りもほぐすので血行促進にもなります。胸を開くことができるようになると、姿勢が良くなり深い呼吸もできるようになります。

リカちゃん アロマヨガ

座位のねじりのポーズから片手を上げて背中の筋肉にアプローチ

お腹をねじることで、内臓を刺激して活性化させることができます。内臓の動きが活発になります。老廃物を排出しやすくなり、代謝アップにもつながります。また、座位のねじりのポーズから片手を上げると、背中の筋肉へアプローチすることができます。

リカちゃん アロマヨガ

下半身の筋トレには、絶対おすすめ!ハイランジでエクササイズ

ハイランジのポーズをキープするだけでも下半身強化になるのですが、このポーズで動くとなおさら下半身が強化され全身運動になります。少々ハードなエクササイズですが、効果は絶大です。スクワットと同じくらい効率の良いエクササイズと言われています。

リカちゃん アロマヨガ

仰向けの親指をつかむポーズもベルトを使って楽々ストレッチ

仰向けの親指をつかむポーズは、股関節を柔軟にすることができます。また、ねじることで腹部の内臓機能を活性化することもできます。ベルトを使うと気持ちいいと感じる位置を調整しやすくなります。仰向けのポーズは余分な体の力が抜けているので、効果を得やすいのだそうです。

座位のツイストのポーズで腸のデトックス!内臓を刺激して老廃物も流す

半分の魚の王のポーズは、かなり深いねじりになります。呼吸を忘れがちになりますが、吸って上へ伸びて、吐いてねじることをしっかり意識します。ねじる時は、お臍の下からねじって、胸、肩、首の順でツイストしていきます。首だけをねじらないようにします。

リカちゃん アロマヨガ

ウサギのポーズ(シャシャーンカアーサナ)で頭の血流を良くして脳の活性化

脳の活性化に効果的なのが、ウサギのポーズです。このウサギのポーズは、サンスクリット語で「シャシャーンカアーサナ」と呼びます。頭頂部には、百会(ひゃくえ)のツボという箇所があります。ウサギのポーズで、この百会のツボを刺激すると、頭痛や不眠症の改善にも効果があります。

体幹強化のポーズは楽じゃないけど、体側を気持ちよく伸ばして血行促進!

立位の体側を伸ばすポーズは、戦士のポーズ2から、変形していきます。脇腹を強く伸ばすので、血行促進や代謝アップにも効果的なポーズです。下半身強化にも役立ちます。胸を開くことも意識して行います。体側が気持ちよく伸びると、深い呼吸が楽に行なえるようになります。

リカちゃん アロマヨガ

体幹強化には抜群の効果がある【ねじったハイランジ】に挑戦

ねじったハイランジのポーズは難易度の高いポーズです。バランス感覚も求められます。最後に後ろ足の膝を床から離すのですが、勇気が要ります。つま先立ちになることで負荷が高まります。下半身強化とともに、お腹周りの脂肪が気になる方にもおすすめのポーズです。

リカちゃんママ アロマヨガ

女性らしいウエストのくびれを作りたいなら脇腹を伸ばすポーズがお勧め

脇腹にある腹斜筋、腹横筋という筋肉を強化することで美しいくびれを作ることができるそうです。普段の生活ではあまり使うことのない筋肉だと思いますが、ウエストの引き締めには欠かせない筋肉なのだそうです。ウエストのくびれは、女性のあこがれですね。

四つん這いで手首のストレッチ!手首を伸ばして腸の動きを活発に

手首は、腸の反射区と言われているそうです。腸を直接触ることはできませんが、反射区の手首を伸ばすことで腸が活発に動きだして便秘解消にもつながります。今は、パソコンやスマホの操作などで手首が硬くなってしまっているので、積極的に手首をストレッチしたいですね。

【バッタのポーズ】で体の背面ストレッチ!バリエーションも多い!

バッタのポーズは、体の背面をストレッチすることができます。うつぶせになって両手両足を持ち上げるため、背筋を伸ばして刺激することができます。また、うつぶせになって腸を圧迫するので、内臓のマッサージ効果も得られます。バリエーションも多いポーズです。

リカちゃん アロマヨガ

ウォーキングダウンドッグで脹脛(ふくらはぎ)のストレッチ

ウォーキングダウンドッグは、脹脛(ふくらはぎ)をゆっくりじっくり伸ばすことができます。ストレッチした後は、踵(かかと)を床につけやすくなります。ピッタリつけることはできなくても、1回目より明らかにつけやすくなっています。ゆっくり片足ずつ、しっかりストレッチするのがコツです。

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.