ベーシックヨガ | ヨガと更年期

注目記事

1

ヨガは、運動が苦手な方も、リズム感がなくても楽しめるエクササイズです。もちろん、年齢も関係なく、年配者でも楽しむことができます。常温ヨガ教室とホットヨガ教室のどちらにも通った経験がある私がその違いについて考えてみました。

leepによる子宮頚部円錐切除術 2

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

鋤(すき)のポーズやねじりのポーズで内臓を活性化して冷えを解消

内臓は思っている以上に冷えています。ヨガのねじりのポーズは、内臓を刺激して活性化する効果があります。また、ポーズを解いた後は、内臓に血が巡ってぽかぽかしてきます。鋤(すき)のポーズも内臓の活性化に効果のあるポーズです。内臓を正常な位置へ戻す効果もあります。

blank

トカゲのポーズを解いた後の余韻や左右の違いも感じて!効果も変わる

ヨガではポーズを解いた後の余韻も感じて大切にします。血の流れを感じたり、左右の違いを確認することで効果も変わってきます。体側伸ばしやトカゲのポーズなどは、特に余韻を感じることができると思います。また、バランスのポーズなどは左右の違いを感じやすいです。

blank

ヨガの【ヤシの木のポーズ】は単純なのに足を引き締める効果は高い

ヤシの木のポーズという両手をパーの形にして、天井へ向け、つま先立ちになるポーズです。簡単そうに見えますが、実際やってみるとバランスがとれずにかなりぐらついてしまいました。集中力も必要されるポーズです。このポーズは、足や腰、背中の筋力が強化されます。

blank

足の浮腫みは【揺りかごのポーズ】で股関節を柔らかくほぐして解消!

梅雨の時期は、浮腫みやすいので、股関節を柔らかくするポーズがおすすめです。ベイビークレイドルや片脚をぐるぐる回すストレッチは、足の付け根からストレッチするのが効果的です。浮腫みは、薬に頼らず、たとえ浮腫んでもストレッチなどで解消することをお勧めします。

blank

【スマホ巻き肩】になっていませんか?予防と改善はベルトで360度肩回し

昨今は、スマホの使用によって、巻き肩になる人が多いとのことです。巻き肩は、胸や鎖骨周りの筋肉が萎縮しておこります。姿勢が悪い状態で、長時間のパソコン作業やスマホ操作が続くと巻き肩になりやすく、今は、スマホ巻き肩と呼ばれることもあります。

blank

【トカゲのポーズ】と【眠った鳩のポーズ】で股関節を柔軟にほぐす

股関節が柔らかくなると、血行がよくなり代謝がアップします。頭痛や肩こりもほとんどが血行不良によるものらしいですから、股関節をほぐして血流改善ができれば肩凝りも軽減できますね。また、骨盤の動きが良くなり、姿勢改善にもつながるそうです。いいことづくめですね!

blank

【鷲のポーズ】ができない!はじめは手の甲を合わせてポージング

鷲のポーズは、肩甲骨や肩、背中上部のストレッチに効果のあるポーズです。このポーズは、少し複雑なポーズなので、人によって効果がある部位が異なる気がしますが、肩周り、肩甲骨周りのストレッチには強力なポーズです。肩凝りに悩んでいる方にもおすすめのポーズです。

blank

【かんぬきのポーズ】で腎臓と肝臓を活性化して老廃物を体から追い出そう

かんぬきのポーズは、腹部の内側にある腎臓や肝臓を脇腹を伸ばすことで、刺激することができます。肝臓や腎臓を活性化することで、老廃物を流しやすくなります。胸を開くことで、深い呼吸ができるようになって新陳代謝もアップし、脂肪燃焼にもつながります。

blank

【ワニのポーズ】で腹部をねじってデトックス!ギックリ腰の予防にも

ワニのポーズは、腹部や腰をかなり深くねじるポーズです。ねじることで、内臓を刺激してデトックス効果もあるポーズです。また、腰の筋肉をほぐして緊張を取り除くこともできます。すでに腰に違和感がある場合は、気をつけながら無理をしない程度に行ないます。

blank

【扇のポーズ】は肋骨周りのストレッチ!全身に酸素が巡って気分スッキリ!

扇のポーズは、脇腹と背中を気持ちよく伸ばすことができます。脇腹を伸ばすことで肋骨周りのストレッチになります。そのため、深い呼吸がやりやすくなって、全身に酸素が送られて脳も体もスッキリします。体側は普段あまり伸ばすことがないので、意識して伸ばすようにしたいですね。

blank

【ピラミッドのポーズ】で脚を引き締めて全身の体幹強化

ピラミッドのポーズは、脇腹を強く伸ばすポーズです。別名、「イナゴのポーズ」や、「手を後ろで組んだ体側を強く伸ばすポーズ」などと呼ばれています。脚の引き締めや、肩こりの緩和にも効果的です。背中で手を組むことで、胸が開いて深い呼吸もできるようになります。

blank

ヨガベルト(タオル)を使った【サギのポーズ】で足の浮腫みを軽減

ヨガでは、補助ツールを使うことがあります。ブロックや、ベルト、ローラー、ブランケット、ボルスターなどがあります。また、この補助ツールのことは、プロップスとも呼ばれます。サギのポーズや牛の顔のポーズのときは、ベルトを使ってポーズをすることがあります。

blank

【トラのポーズ】で手足を伸ばしたり縮めたりの体幹強化エクササイズ

トラのポーズは、テーブルポーズや、テーブルポーズのバランスとも呼ばれています。このポーズは、ヨガでなくても体幹強化のためのストレッチとして、よく紹介されています。このトラのポーズは、伸ばすときに弾みをつけたりせずに、ゆっくり行ないます。

© 2020 更年期はヨガで楽しく乗り切ろう