骨盤調整ヨガ | ヨガと更年期

注目記事

リカちゃん ヨガとホットヨガの違い 1

ヨガは、運動が苦手な方も、リズム感がなくても楽しめるエクササイズです。もちろん、年齢も関係なく、年配者でも楽しむことができます。常温ヨガ教室とホットヨガ教室のどちらにも通った経験がある私がその違いについて考えてみました。

leepによる子宮頚部円錐切除術 2

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

仰向けで行う【がっせきの腰上げポーズ】はお尻にも地味に効く

ヨガのポーズの中に合蹠(がっせき)のポーズというのがあります。合蹠とは、両足の足裏を合わせるポーズのことです。股関節を刺激して、骨盤内の血流を促進するポーズです。簡単なポーズですが、お尻や太ももの筋肉も刺激されます。地味だけど効果が高いポーズです

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

サソリのポーズ(ダウンドッグ・スプリット)で骨盤周りの血行促進

ダウンドッグ・スプリット(サソリのポーズ)は、疲労回復効果も高いですが、気持ちを前向きにする効果もあります。体幹強化にもなりますし、終わった後のスッキリ感が半端ないです。両手と片足で体を支えるわけですが、頑張り過ぎず、出来る範囲で行います。

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

上半身の筋膜リリースで首凝りを緩めて、顔の浮腫みとたるみを解消

首から鎖骨、二の腕から脇、体側の筋膜をはがすと、血液やリンパの流れを良くして、凝りを軽減することができます。そして、同時に顔のむくみやたるみも解消できます。この一連のほぐしを行なうと、頭や目の疲れもとれてスッキリです。血行が良くなって、ぽかぽかしてきます。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

股関節周りの筋肉を楽に解すならボルスターを使ったポーズがおすすめ

骨盤周りの筋肉を柔らかくすると、痩せやすくなると言われています。どんなポーズも自分の身体が気持ちいいと感じるのがベストです。ボルスターを使った方が気持ちイイと感じるのであれば、そのポーズが合っています。反対にボルスターを使うと、刺激が少なくて物足りないと感じる方もいます。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

膝裏の揉み解しでチェックできる!痛いなら骨盤内の癒着があるかも?

骨盤調整ヨガクラスでいつも行っている全身調整のプログラムの中に一つに膝裏のもみほぐしがあります。仰向けになって両膝を立てて、一方の足を天井へ向けて伸ばします。そして、膝裏に両手の親指以外の4本の指(合わせて8本)を差し込んでグリグリします。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

ベルトを使った体側伸ばしと肩周りのストレッチで肩こり解消

ヨガレッスンでは、ヨガポーズばかりでなく、筋肉をほぐすためのストレッチを行うこともあります。ただ、ストレッチと違うのは、呼吸に合わせて行うということですね。このストレッチだけでも、肩周りや肩甲骨、体側を伸ばすことで血行が良くなります。

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

花粉症の鼻詰まりを楽にするには鋤(すき)のポーズがおすすめ

鋤(すき)ポーズは、首の後ろを伸ばすと同時に、喉を刺激して甲状腺の機能を良くするので喉や鼻の不調に効果的なのだそうです。また、逆さになるので、内臓も活性化して血行も良くなります。花粉症で苦しい鼻詰まりが少しでも楽になるといいですね。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

腰の違和感は【膝たおしのポーズ】で軽減!腰の緊張を緩めるポーズ

仰向けになって両ひざを立てて、力を抜いて左右に両膝をパタッ、パタッと倒します。これを数回繰り返します。これだけで、腰の緊張をやわらげることができます。普段、腰痛に悩んでいる方におすすめのストレッチです。シンプルですが、効果はあります。

【針の糸通しのポーズ】で肩、腰、背筋の凝りをほぐして血行促進

針の糸通しと言うネーミングは、脇の下を通す動作が糸通しに似てるところからきているそうです。肩凝りや肩甲骨の柔軟性を高める効果が高いポーズですが、上半身をねじるので内臓を刺激して、腸内環境も整えることにもできます。また、意識する箇所を変えるだけで、背中や肩甲骨の伸びが違ってきます。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

膝裏のリンパほぐし(マッサージ)は痛いが、腰痛の軽減に効果的

仰向けになって、片脚を伸ばすだけでも気持ちいいのですが、膝裏を親指以外の4本の指(両手で8本ですね)で軽くぐりぐりすると、痛いけど気持ちいいです。先生の話によると、膝裏には腰痛のツボがあるそうです。別に腰痛持ちではないのですが、妙にイタ気持ちいいのです。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

【仰向けのねじりのポーズ】で内臓調整と腰痛、肩こりの緩和

深いねじりなので、内臓を刺激して消化機能も高めてくれるポーズです。脇腹の筋肉も刺激するので、ウエストの引き締めにも効果的ですね。このポーズは、時々 自宅でも行うのですが、肩や腰が軽くなって気持ちがスッキリします。気分転換したいときなどにおすすめのポーズです。

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

片足前屈のポーズはハムストリングス(太もも裏)がめっちゃ伸びる!

ヨガでは、様々なポーズをとることで普段使わない筋肉をほぐしたり伸ばしたりします。体の滞り(とどこおり)をなくし、血流を良くします。片足前屈のポーズは、足裏全体、特にハムストリングス(太もも裏)を伸ばすことができます。無理をしないで、痛いけど気持ちいいというところでキープします。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

呼吸に合わせた【合蹠(がっせき)の腰上げのポーズ】で骨盤調整

合蹠(がっぜき)の腰上げのポーズは、股関節を柔軟にすることができます。また、腹部の内臓機能を高め、生理痛の緩和にも効果的です。両手を合わせることを合掌(がっしょう)、両足の足裏を合わせることを合蹠(がっせき)と呼ぶのだそうです。

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.