常温ヨガレッスン | ヨガと更年期

これなら体が硬くても安心!プロップスを使って楽々ポーズ

補助器具を使うと、体が硬い人でも楽にポーズをとることができます。ブロックで高さをつけることで、前屈や後屈も楽にポーズすることができます。無理なく楽しくレッスンできることが、継続できるコツですね。

【ラクダのポーズ】は苦手!腰痛、首痛のある人はブロックを使って無理しない

ラクダのポーズって、聞いたことありますか?ヨガのポーズには、動物の名前が付いたものが多いですが、動物の名前がついたポーズは何となく覚えやすいです。ラクダのポーズは、柔軟性のない人にとっては、ハードルが高いポーズかもしれません。

股関節が硬いと骨盤の歪みが生じやすい、股関節を柔軟にして代謝アップ

開脚ができるようになるということは、股関節が柔らかくなるということです。股関節が柔軟になると、血流が良くなってリンパや老廃物が流れやすくなるということ。すると、代謝がアップして、脂肪燃焼しやすい身体になって、痩せやすくなるということです。

猫がお手本【猫の背伸びのポーズ】で背中と脇下を伸ばして肩凝り緩和

デスクワークを長時間続けると、肩も首もガチガチに凝ってきます。椅子に座ったまま背伸びするだけでも、ちょっと楽になりますねが、その背伸びを猫の背伸びのように、四つん這いで行うと本当にリフレッシュすることができます。

腕だけの【座位の鷲のポーズ】で肩甲骨周りを開いて肩こり解消

両手を絡ませた鷲のポーズをすると、肩甲骨(けんこうこつ)周りをほぐすことができます。でも、この両手を絡ませることが出来ない人も多いようです。今 手を絡ませて手の平を合わせることができない方も諦めないでください。ヨガを続けていれば出来るようになります。

テニスボールでの鎖骨周り・脹脛(ふくらはぎ)・背面のマッサージは超気持ちいい♪

鎖骨周りにはリンパ節があり、そこを軽く刺激してあげるとリンパの流れが良くなるそうです。テニスボールをころころするだけなのですが、とても心地いい感じです。右手で左の鎖骨周りを、左手で右の鎖骨周りをころころするだけです。

Copyright© 更年期はヨガで楽しく乗り切ろう , 2020 All Rights Reserved.