リラクゼーションヨガ|ヨガと更年期

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

リカちゃん リラクゼーションヨガ

時計の針のバリエーション版は、肩周りだけでなく腰回りにも効く

時計の針のポーズは、横向きになって片腕を回すポーズです。このポーズの2つのバリエーション版を紹介します。肩周りや肩甲骨のほぐしに効果のあるポーズです。どのポーズの場合も、ゆっくりゆっくり呼吸に合わせて、大きく回すことがポイントです。体がポカポカします。

リカちゃん リラクゼーションヨガ

いつの間にか【お魚のポーズ】が楽にできるようになっていた!

お魚のポーズは、胸を開くポーズとしても有名ですが、実際 行ってみると、首の前の筋肉を気持ちよく伸ばすことができます。首の前を伸ばすのは、あまり他のポーズにはない気がします。首の前を伸ばすと、甲状腺ホルモンを刺激することができるので、体調を整える効果があります。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ

安楽座で上体をねじって内臓の活性化、呼吸に合わせることが大事

ヨガとストレッチの一番の違いは、呼吸です。ヨガでは、吸う息、吐く息に合わせてポーズを行います。最初は慣れないかもしれませんが、次第にできるようになります。呼吸に合わせず、呼吸を止めてしまうようであれば、ヨガの効果が半減すると言われています。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ

杖のポーズ(長座の姿勢)で背筋をピーン!背筋や腹筋の強化

床についた腕を杖に見立てて、【杖のポーズ】という名前がついたようです。別名、長座とも呼ばれているポーズです。地味なポーズですが、数呼吸の期間キープすると筋肉に変化が出てきます。背筋や腹筋が強化されて、姿勢改善に導くことができるポーズです。

リカちゃん リラクゼーションヨガ

ヨガの先生はマッサージも得意?レッスン前後のマッサージを受けたくて

ヨガのリラクゼーションのクラスでは、レッスンの開始前とレッスン終了前のシャバアーサナの時に先生がマッサージをしてくれます。シャバアーサナのときにマッサージをしてくれる先生は、何人もいらっしゃるのですが、レッスン開始前のオイルマッサージはこのクラスの先生だけだと思います。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ

ヨガのポーズは難しいけど、ポーズの完成度を競うものではありません

インストラクターの先生から「ヨガはポーズの完成を競うものではありません」とよく言われます。なのに、分かっていてもついつい頑張ってしまいます。ヨガのねじりのポーズは、内臓機能を高めるほか、お腹やウエストの引き締め、腰痛緩和にもつながるポーズです。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ

先生のアロマオイルマッサージと針の糸通しのポーズですっかりリラックス

久しぶりの参加です。このクラスでは、レッスン開始前に一人ずつ、アロマオイルで首周りと肩を軽くマッサージをしてくれます。 私はヨガマットで安楽座になり、先生のマッサージとお話を楽しみます。 私今日も気持 ...

横向きで片腕をぐるぐる回す【時計の針のポーズ】で肩凝り解消

時計の針のポーズは、五十肩や、四十肩と呼ばれる肩関節周囲炎の時は、絶対出来なかったと思うポーズです。横向きに寝て、片腕を呼吸に合わせて時計の針のように大きくゆっくり回します。五十肩や四十肩の予防のためにも絶対おすすめしたいストレッチです。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ

半円のポーズで体側をおもいっきり伸ばして気分スッキリ!気分転換

門のポーズも脇腹をストレッチしますが、半円のポーズでさらにストレッチします。門のポーズから半円のポーズを連続して行うことで、全身の筋肉をストレッチすることができます。特に体側や背中を気持ちよく伸ばすことができます。猫背の解消にも効果的なポーズです。

ブロック2個を使った【合蹠(がっせき)のポーズ】は股関節も胸も開く

どのクラスでも胸を開くポーズは多いです。このクラスではブロック2個を使うポーズです。このポーズは胸も開きますが、合蹠なので股関節も緩めることができます。肩甲骨にも十分な刺激があります。合蹠(がっせき)のポーズは、生理痛や骨盤調整にも効果的です。

ブロックを使った【合蹠(がっせき)の前屈ポーズ】で股関節を柔軟に

両足の足裏を合わせるポーズのことを合蹠(がっせき)のポーズといいます。この合蹠の前屈のポーズのときに足の前にブロックをおいて、そこへ額を置くようにします。ブロックの高さは、自分で調整します。股関節を柔軟にすると、血流が良くなり浮腫みの解消にもつながります。また、骨盤調整にも役立ちます。

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.