リラクゼーションヨガ|ヨガと更年期

ブロックを使った【合蹠(がっせき)の前屈ポーズ】で股関節を柔軟に

両足の足裏を合わせるポーズのことを合蹠(がっせき)のポーズといいます。この合蹠の前屈のポーズのときに足の前にブロックをおいて、そこへ額を置くようにします。ブロックの高さは、自分で調整します。股関節を柔軟にすると、血流が良くなり浮腫みの解消にもつながります。また、骨盤調整にも役立ちます。

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.