リストラティブヨガ|ヨガと更年期

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

リカちゃん リストラティブヨガ

ボルスターを使った片足のワニのポーズで内臓のデトックス

ヨガのねじりのポーズは、難易度が低いものから高いものまで、本当に多くの種類のポーズがあります。上体をねじるポーズは、内臓を刺激する効果があります。内臓を刺激すると、内臓が活性化して動きだします。そうすると、便秘解消にもつながっていきます。

リカちゃんママ リストラティブヨガ

リストラティブヨガではプロップス(補助ツール)を使って体側伸ばし

リストラティブヨガでは、体側を伸ばすポーズでもプロップスを使います。先生が一人一人に合ったブロックの高さと位置を調整してくれます。一人一人、ブロックの位置も高さも異なります。体側や脇腹を伸ばすことで内臓を活性化させて、血行促進、代謝アップにもつながります。

リカちゃんママ リストラティブヨガ

80歳ヨギーニのおすすめヨガポーズは、寝る前の【ごきぶりポーズ】

とてもお元気な80歳のヨギーニの方に「一番のおすすめのヨガポーズは何ですか?」聞いてみました。「ごきぶりのポーズよ。毎日、やってますよ。」と、にこやかなお顔で即答されました。長年、ヨガをやってきて、ごきぶりのポーズが一番いいとのことです。

リカちゃん リストラティブヨガ

リストラティブヨガを侮ってはいけない!ゆっくりしっかり効果がでる

ボルスターとブランケットとブロックを使って、股関節と胸を開くポーズを行います。リストラティブヨガは、妊婦さんや手術後のリハビリ中の方、年配者の方にも向いていると思います。また、長期のストレスで体調を崩したり、更年期障害の方にもおすすめです。

リカちゃん リストラティブヨガ

ボルスターを使ったワニのポーズで胸を開いて腸の動きも活発に

リストラティブヨガは、他のヨガクラスと違って、ヨガマットの上やボルスターの上に仰向けになっている時間が多いクラスです。1つのポーズをキープする時間も長いです。時々、レッスン開始からすぐに、スース―と鼾が聞こえてくることもあります。気持ちも体もリラックスできます。

腰回りの筋肉を伸ばす【真珠貝のポーズ】もブロックとボルスターで楽

真珠貝のポーズは、背中や腰の筋肉をじんわりと伸ばすことができます。足を開くことで、股関節も柔軟にすることができます。骨盤内の血行が良くなって、生理痛やイライラも鎮めることができます。真珠貝のポーズのように下を向くポーズは、気持ちを落ち着かせる効果もあります。

リカちゃん リストラティブヨガ

片足前屈のポーズもブロックとボルスターを使って楽々キープ

片足前屈のポーズは、ハムストリングスや鼠径部(そけいぶ)のストレッチ効果が高いポーズです。ブロックとボルスターを使うことでリラックスしながら行うことができます。ついつい力んでしまいがちなポーズも、プロップスを使うことで、緩やかに身体に負荷をかけることなく柔軟性を高めていくことができます。

リカちゃんママ リストラティブヨガ

ボルスター2個を並べて仰向けになる胸を開くポーズは無理がない

リストラティブヨガは、寝ながら筋肉の緊張を和らげて緩めていきます。決して立位のポーズはありません。四つん這いになってのポーズもありません。でも、寝ている状態だからこそ、余計な力が入らなくていいのかもしれません。ボルスターなどに体を預けて、委ねてしまえばいいのですから。

リカちゃん リストラティブヨガ

ボルスターを使ったチャイルドポーズで首の不調も軽減

ボルスターを使ったチャイルドポーズは、超簡単なポーズですが非常にリラックスできます。通常のヨガでは、ポーズをキープするといっても数呼吸ですが、リストラティブヨガの場合は、数分間です。私は頚椎症ですが、このポーズをすると首がスッキリします。

リカちゃんママ リストラティブヨガ

ボルスターにもたれてゆっくりじっくり胸を開いてストレス解放

リストラティブヨガは筋肉を弛緩することが目的で、姿勢にも無理がないので、通常のヨガと比較すると身体への負担が少ないです。そのため、レッスン後も普段通りの行動ができます。もちろん、多少は股関節や筋肉の伸びを感じますが、通常のヨガほどではありません。

割り座から後ろへ倒れる仰向けの英雄座のポーズもボルスターを使うと楽

ヨガでは、仰向けの英雄座というポーズがあります。このポーズは、出来る人と出来ない人の差が激しいかもしれません。割り座って分かりますか?正座の姿勢から、両足のふくらはぎを外へ出して座る状態です。この割り座が楽にできる人と苦手な人がいます。女性の方が楽にできる人が多いかもしれません。

リカちゃんママ リストラティブヨガ

ボルスターを使った開脚ポーズでリラックスしながら股関節ストレッチ

リストラティブヨガのクラスでは、体幹強化となるようなポーズはありませんが、体をリラックスさせるのには、とてもいいクラスです。体の力を抜くって、出来そうで出来ないんですよね。だから、プロップスを使って体を委ねることで、力を抜きやすくなります。

リストラティブヨガって超気持ちいい!プロップスを使ってリラックス

リストラティブヨガで使う補助道具のことをプロップスと呼びます。リストラティブヨガでは、多くのプロップスを使用します。一つのポーズにかける時間が長いです。プロップスを使うと、無理なく安定させることができるので、ポーズをキープしやすくなります。

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.