ピラティスヨガ | ヨガと更年期

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

バービーちゃん ピラティスヨガ

朝のヨガと夜のヨガ、それぞれにお勧めのポーズはこれ!

仕事から帰宅しても、頭の中は仕事の事がいっぱいで、なかなかリラックスできません。そういう時に、ヨガをすると緊張がほぐれて、すごくリラックスできます。仕事で凝り固まった筋肉も血行が良くなり、自然と柔らかくなっていきます。ぐっすり眠れます。

バービーちゃん ピラティスヨガ

更年期障害って恥ずかしいことじゃない!真面目に生きてきた証

更年期って恥ずかしいことじゃない。真面目に生きてきた証だと思います。結婚して出産して、生活のために嫌なことも、長い間「我慢」という一番安くて手っ取り早いお薬を飲み続けてきたけど、体は正直で「我慢」というお薬では効かなくなってしまって、合図をだすようになってしまったんですね。

バービーちゃん ピラティスヨガ

【バッタのポーズ】はうつ伏せになって両手足を持ち上げるポーズ

先生のバッタのポーズは、まっすぐピンと上がってますが、私は、かろうじて床から手足が離れている感じです。手も足も伸ばしたままです。脇はひらきません。簡単そうに見えても簡単に出来るポーズなんてありませんね。手足を床に下ろすと、ふーっとなります。

バービーちゃん ピラティスヨガ

腹筋をつけてお腹をへこませたいなら【ドルフィンプランク】

今日一番、頑張ったのは腹筋のトレーニングです。両肘を床について、上体を支え 両足を床から上げて、片足ずつ曲げたり伸ばしたりするのがあったのですが、最後は歯を食いしばりました。両肘を床についているので普通の腹筋より楽に感じるのですが、キープすると苦しくなります。

キャベツ畑で瞑想

ヨガレッスンでやってる安楽座での深呼吸は瞑想だったんだ!

NHKの「ガッテン!」という番組で瞑想がいいとのことだったのですが、ヨガではほぼ同じことをやってます。というか、姿勢も同じ、先生の言葉もそっくりです。あの鐘を鳴らすチーンの音も一緒です。ヨガでやってるのは、瞑想だったんですね!!

バービーちゃん ピラティスヨガ

【ピラティスヨガ】は体幹強化やダイエット目的の人にお勧めのクラス

ピラティスヨガは、ピラティスと通常のヨガの中間って感じです。帰るときは、股関節がじわじわ痛かったです。股関節を中心にほぐした気はしなかったのですが、レッスンの途中でしっかり効いていたんでしょうね。次々にポーズをとって、汗を流したいときにおすすめのクラスです。

バービーちゃん ピラティスヨガ

【ピラティスヨガ】はトラのポーズで片足を天井へキック

ピラティスヨガは、ポーズが次々と続きます。テーブルのポーズをした後、伸ばした手と足をくっつけたり、また伸ばしたり、そして足を天井へキック、足をグルグル回したり、もうへろへろです。片足でへろへろなのに、もう片方も同じようにやるのですからハードです。

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.