やさしいヨガ | ヨガと更年期

注目記事

1

ヨガは、運動が苦手な方も、リズム感がなくても楽しめるエクササイズです。もちろん、年齢も関係なく、年配者でも楽しむことができます。常温ヨガ教室とホットヨガ教室のどちらにも通った経験がある私がその違いについて考えてみました。

leepによる子宮頚部円錐切除術 2

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

これならテレビを見ながらでも出来る!ねじりのポーズで内臓を活性化

夏は冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎて、内臓を冷やしてしまうことが多いのだそうです。内臓が冷えると、代謝も悪くなり体調不良の引き金になることもあります。ねじりのポーズは、内臓を活性化してくれます。テレビを見ながらでも出来るねじりのポーズを紹介します。

リカちゃんママ やさしいヨガ

難易度の低い【ねじりのポーズ】でも腹部の内臓機能を高められる

痛みがあると、笑顔になんてなれませんよね。毎日 笑顔で過ごせたら一番いいんですけどね。肩こりや首コリ、腰痛はなかなかすぐには治まってくれません。一時的に治ってもすぐ再発したりします。できる範囲でいいですから、少し体を動かしてみませんか?

blank

座位の【深いねじりのポーズ】で内臓全体を活性化して便秘解消へ

深く深く上半身をねじるポーズを紹介します。ねじるポーズはどのクラスでもよく行います。深くゆっくりじっくりねじることで、内臓全体を活性化することができます。内臓を活性化することで便秘解消にも効果があります。

blank

内臓器官の活性化には【ねじりのポーズ】が効果的

歳をとると、内臓も弱くなってしまうようです。胃が痛いとか、お通じが悪いとか、吐き気がするなど、なかなか毎日、快適とはいきません。その原因は、内臓の動きが悪くなっているからだそうです。ヨガなら、内臓機能を向上させることができます。

blank

ヨガは誰でもいつでもどこでも気軽に楽しめるエクササイズ

「何かスポーツをやってますか?」と聞かれた時に「はい、ヨガをやってます。」と答えています。でも、ふと疑問に思うんですね。ヨガってスポーツ?スポーツではないですよね。じゃ、どういう括りになるのかしらと考えたのですが、エクササイズ(運動)というのが一番ピッタリな気がします。

blank

【吉祥座(きっしょうざ)のねじり】も吐く息の時にねじりを深める

吉祥座というのは、両方のつま先を反対の脚の膝裏に挟み込む座り方です。吉祥座ができない、または辛い場合は安楽座になります。安楽座も辛い場合は、片足を前に出して痛くない、リラックスできる恰好になります。吸う息のときに背中を真っ直ぐに上へ伸びるようにして、吐く息のときにねじりを深めます。

blank

ホットヨガは男性にもお勧めしたい!デスクワークが多い人は特に

ヨガは男性にもお勧めです。デスクワークが多い男性には、特にお勧めしたいです。長時間のデスクワークで肩や首などが固まってないですか?男性の中には体が硬いからと敬遠されている方も多いようですが、体が硬くても大丈夫です。体が硬い人ほど、大きな効果を得られる気がします。

blank

【ウサギのポーズ】で肩甲骨を刺激して肩凝り解消!頭もスッキリ!

ウサギのポーズでは、四つん這いになって頭を床について背中で組んだ腕を上に上げます。頭部はもちろんですが、肩甲骨にも刺激があります。五十肩になった時、あちこちの整体へお世話になったのですが、肩甲骨の重要性はよく言われていました。腕の動きをサポートする役割があるそうです。

湯

スーパー銭湯へ行くより【ホットヨガ・カルド】へ行ってリラックス

カルド中洲は、スパも充実しているので、スーパー銭湯へ行くより、ここのカルドへ行ったほうがいいなと思ってしまいます。リクライニングソファで漫画を読みながらゆっくりくつろぐこともできますし、カフェスペースもあります。ちょっとしたスーパー銭湯ぐらいに考えてもらっていいと思います。

© 2020 更年期はヨガで楽しく乗り切ろう