https://fun.cx

ホットヨガレッスン ビギナーズヨガ

筋肉の老廃物は溜めちゃダメ!体側を伸ばすポーズで元気スイッチがオン

投稿日:2017年7月13日 更新日:

夏の生活は、老廃物をためやすくなる要因がいっぱいあるのだそうです。冷房のきいた部屋にこもっていたり、冷たい飲み物ばかりとっていると、内臓を冷やしてリンパの流れを悪くしてしまうのだそうです。血行やリンパの流れが悪くなると老廃物もたまりやすくなってしまいます。

クラス内容

ヨガのクラスの中でも強度が低く初めての方でも安心してご参加いただけます。基本的な呼吸法、ポーズをゆっくり丁寧に行うクラスです。

ホットヨガ【カルド中洲】ビギナーズヨガは、室温はHOT、初心者向け、60分のクラスです。

老廃物が溜まる原因

冷たい飲み物や食べ物でお腹を冷やして血行やリンパの流れが悪くなり、老廃物が滞ってしまうこともありますが、疲労やストレスが原因で体の循環が滞りがちになることもあります。ストレスで老廃物も溜まってしまうことがあるんですね。

老廃物が溜まっていいことはひとつもありません。肩コリや首コリも筋肉に老廃物が溜まったことによる不快症状なのだそうです。

老廃物を溜めないためにも水分はどんどんとりましょう。

体に次から次へ水分が入ってくると、体はどんどん外へ出してもいいと思うけど、水分が入ってこないと溜めるのだそうです。

水分はどんどんとりましょう

今日紹介した体側を伸ばすポーズは、簡単なポーズですから継続してみてください。夏こそお勧めのポーズです。

あなたは、夜に実行しますか?朝に実行しますか?

体側を伸ばすポーズ

体側を伸ばすポーズは、老廃物を流しやすくなるのだそうです。

簡単なポーズなのに、効果は絶大とのことです。だったら、覚えて継続したいですね。

どのレッスンでも、レッスン開始後のウオーミングアップの時に、座位のポーズで必ずと言っていいほど体側を伸ばします。

下のポーズです。体側を伸ばす安楽座のポーズと呼ばれているものです。

上体に引っ張られてお尻が浮き上がりそうになるのですが、お尻はしっかり床につけるようにします。

それを意識するだけでも、体側の伸びに変化を感じます。

視線は、天井を見るようにするのが理想ですが、首がきつければ下を向いていいそうです。

ヨガでは、きつい態勢はやっちゃダメなんです。気持ちいいと感じるのはいいけど、きついと感じたら、ひとつ前のポーズに戻ります。

座位の体側伸ばし

普段の生活の中では、体側を伸ばすような態勢ってあまりないですよね。だからこそ、意識して伸ばしてあげないといけないんですね。

また、体側は筋肉がつきにくい部位なのだそうです。

かんぬきのポーズ

今日のレッスンの中でも、体側を伸ばすポーズはいくつもありましたが、かんぬきのポーズと呼ばれる下のポーズは、腰痛緩和にもなるそうです。

かんぬきのポーズ

かんぬきのポーズの進め方

  1. 膝立ちになって、片方の足を真横に開きます。
  2. 横に開いた足と同じほうの手の肘(ひじ)を開いた足の膝(ひざ)の内側に置きます。肘(ひじ)で膝(ひざ)を押して足を開くようにします。
  3. 反対の手をあげて、息を吐きながら曲げた足の方へゆっくり倒していきます。
  4. 視線は、できれば伸ばした手の平を見るようにします。
  5. ゆっくり上体を起こして、反対の脚も同様に行います。

かんぬきのポーズの主な効果

  • 体側伸ばし
  • 股関節の柔軟性を高める
  • 胸を開く

もちろん、反対側も同じように行います。このポーズ、本当に体側がよく伸びます。やってみてください。血行が良くなり体も頭もスッキリします。

体側を伸ばすポーズをした後は、元気スイッチが入る気がします。

おすすめ記事と広告

推奨より快適なレッスンを受けられるように準備しましょう。
執筆者/はま

-ホットヨガレッスン ビギナーズヨガ

© 2020 更年期はヨガで楽しく