ホットヨガレッスン ピラティスヨガ

更年期って恥ずかしいことじゃない

投稿日:2017年2月16日 更新日:

「更年期かもしれない。」と俯き加減に小さな声で言う彼女。結婚して出産して、生活のために嫌なことも、長い間「我慢」という一番安くて手っ取り早いお薬を飲み続けてきたんだね。

でも、体は正直で「我慢」というお薬では効かなくなってしまって、合図をだすようになってしまったんですね。

更年期って恥ずかしいことじゃない。真面目に生きてきた証だと思います。

「無理しちゃだめだよ」なんて言うのは簡単だけど、そんなに簡単にはいきません。「ストレスだよ」って、ストレスレスになるには生活を変えるしかない。それも簡単じゃありません。

クラス内容

体幹とインナーマッスルを鍛え、体の内側から脂肪を燃焼させる効果のあるクラス。筋力と集中力も身につけていくことができる。

カルド(CALDO)中洲のピラティスヨガのクラスは、ピラティスのクラスの内容と少し違います。インナーマッスルを鍛えるポーズはたくさんありますが、それが中心というわけではありません。室温は中、初級・中級者向け、45分のクラスです。

バッタのポーズ

バッタのポーズというのがあるのですが、このポーズのとき、先生の声に合わせて両手両足を横に広げたり閉じたりします。

ポーズ自体は簡単ですね。うつ伏せに寝っ転がって、頭と両手足を上に持ち上げるだけです。でも、キープしたり、持ち上げたまま動くのはハードです。

バッタのポーズ

出典:Yoga Share

バッタのポーズ

シャバアーサナの後の背伸び

レッスンの最後は、シャバアーサナ、屍(しかばね)のポーズという寝るだけのポーズがあります。

寝るだけという言葉を使うと反発される方もいらっしゃるかと思います。

実際は、一番難しいポーズと言われているそうです。全身の力を抜くというのは難しいんですね。

このシャバアーサナの後、他のクラスでもよく行うのですが、バービーちゃんのように両手を頭の上で組んで背伸びをします。そして、上下に伸びきった後、「はあ~」と息を吐きます。

その時、先生が「嫌なものは全て吐き出してしまいましょう」とか、「不要なものは吐き出してしまいましょう」と声をかけられることがあります。

私は、「先生、私、一息では吐き切れない。山のように嫌なものがあるんですけど。三日三晩かかっても吐き切れないかもしれないんですけど。」なんてことを思ってしまいます。(^^ゞ

背伸び

歳を重ねると背負うものも大きくなってきます。人生って甘くないってことも否応でも感じるようになります。

でも、これからは、その経験を活かして、残りの人生ゲームをどう楽しむかを企画することができます。

私の人生の中には更年期と言う時期があって、その時期にやったこと、向き合って対処したことも思い出になります。きっと笑って話せるようになります。

私にとって、ヨガをしている時間は自分自身を見つめる大切な時間となっています。

スポンサーリンク

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによ ...

便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが ...

-ホットヨガレッスン ピラティスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.