常温ヨガレッスン | ヨガと更年期

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

リカちゃん アロマヨガ

ひばりのポーズで胸部のストレッチ!胸を開いて深い呼吸をしよう

ひばりのポーズは、胸を開くためのストレッチ効果が高いポーズです。両手を後ろへ引くので、胸を開きやすくなります。また、股関節周りもほぐすので血行促進にもなります。胸を開くことができるようになると、姿勢が良くなり深い呼吸もできるようになります。

リカちゃんママ リフレッシュヨガ

ヨガは無理しないこと!呼吸が楽にできる位置を探しながらポーズ

先生が良く言われます。「呼吸が楽に出来る位置を探しながら、行いましょう。ヨガは完成形のポーズを競うものではありません。自分で気持ちがイイと思う位置で十分ですよ。」ヨガは、呼吸を大切にします。だから、呼吸が止まるほど、頑張ってはいけないんですね。

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

ダウンドッグ・スプリットで骨盤周りの血行促進、気持ちイイ範囲で

ダウンドッグ・スプリット(サソリのポーズ)は、疲労回復効果も高いですが、気持ちを前向きにする効果もあります。体幹強化にもなりますし、終わった後のスッキリ感が半端ないです。両手と片足で体を支えるわけですが、頑張り過ぎず、出来る範囲で行います。

リカちゃん ビギナーヨガ

下を向いた犬のポーズはウォーキングダウンドッグで足慣らし

下を向いた犬のポーズの完成形は、綺麗な三角形をしているのですが、自分でやるとなかなか綺麗にはできません。まず、踵をマットにつけるのさえ難しいです。ですが、ウォーキングダウンドッグを行った後は、1回目よりずいぶん楽に踵をつけられるようになります。

リカちゃんママ アロマリラックスヨガ

手を後ろで組んだ金剛座(こんごうざ)で肩の柔軟性を高めよう

金剛座とは、正座で足の親指を重ねないで座るポーズのことです。手を後ろで組んだ金剛座は、肩の柔軟性を高める効果があります。また、肩こりや肩関節の痛みを和らげることができます。金剛座で深い呼吸を続けるだけでも、気持ちを落ち着かせることができます。

リカちゃん ベーシックヨガ

鋤(すき)のポーズやねじりのポーズで内臓を活性化して冷えを解消

内臓は思っている以上に冷えています。ヨガのねじりのポーズは、内臓を刺激して活性化する効果があります。また、ポーズを解いた後は、内臓に血が巡ってぽかぽかしてきます。鋤(すき)のポーズも内臓の活性化に効果のあるポーズです。内臓を正常な位置へ戻す効果もあります。

リカちゃん ベーシックヨガ

ヨガはポーズを解いた後の余韻や左右の違いも感じて!効果も変わる

ヨガではポーズを解いた後の余韻も感じて大切にします。血の流れを感じたり、左右の違いを確認することで効果も変わってきます。体側伸ばしやトカゲのポーズなどは、特に余韻を感じることができると思います。また、バランスのポーズなどは左右の違いを感じやすいです。

リカちゃんママ ビギナーヨガ

つま先立ちの女神のポーズでふくらはぎの強化!浮腫み防止にもお勧め

浮腫み防止には、脹脛(ふくらはぎ)の筋肉も必要なのだそうです。つま先立ちの女神のポーズは、足首や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉を強化する効果がありますが、この姿勢でキープするにはバランスも必要もなります。簡単に見えるポーズですが、難易度の高いポーズです。

リカちゃん アロマヨガ

座位のねじりのポーズから片手を上げて背中の筋肉にアプローチ

お腹をねじることで、内臓を刺激して活性化させることができます。内臓の動きが活発になります。老廃物を排出しやすくなり、代謝アップにもつながります。また、座位のねじりのポーズから片手を上げると、背中の筋肉へアプローチすることができます。

ねじったランジのポーズまでの過程もいろいろ。あなたに合う方法はどれ?

ねじったランジのポーズは、ランジのポーズから上体をねじって合掌するのですが、正面で合掌してねじる場合と、片手を膝に置いた後に合掌する場合があります。片手の肘を膝に固定してから、合掌する方がバランスはとりやすいです。ぽっこりお腹の方にもおすすめのポーズです。

リカちゃん キャンドルアロマヨガ

舟のポーズや片足のワニのポーズで内臓を刺激して便秘解消

ちょっとお腹が詰まって便秘していても、キャンドルアロマのクラスに参加すると便通がよくなることがあります。舟のポーズや片足のワニのポーズで内臓をしっかり刺激しているのだと思います。お腹が活性化されてスッキリすると、気持ちもスッキリします。

リカちゃんママ ベーシックヨガ

足を引き締めるヤシの木のポーズは、単純なのに筋力効果は高い

ヤシの木のポーズという両手をパーの形にして、天井へ向け、つま先立ちになるポーズです。簡単そうに見えますが、実際やってみるとバランスがとれずにかなりぐらついてしまいました。集中力も必要されるポーズです。このポーズは、足や腰、背中の筋力が強化されます。

リカちゃん ビギナーヨガ

つらい足の浮腫みは早く解消したい!テニスボールでセルフマッサージ

足の浮腫みはできるだけ早く解消したいですね。足の浮腫みをとる方法を紹介します。足の浮腫みが女性に多いのは、男性に比べて筋肉量が少ないのも1つの原因だそうです。浮腫みの予防のためには、筋肉をつけることも大切です。また、水分を多くとることもおすすめです。

リカちゃんママ ほぐしヨガ

前屈の練習にもお勧め!ウォーミングアップをしてから片足前屈へ

片足前屈のポーズはウォーミングアップしてから行うと、やりやすくなります。片足前屈は、腿(もも)や膝裏(ひざうら)を伸ばすことができます。腿や膝裏を伸ばすことで血液の循環や新陳代謝が良くなり、浮腫みを解消したり、老廃物を排除しやすくなります。

リカちゃん リラクゼーションヨガ

いつの間にか【お魚のポーズ】が楽にできるようになっていた!

お魚のポーズは、胸を開くポーズとしても有名ですが、実際 行ってみると、首の前の筋肉を気持ちよく伸ばすことができます。首の前を伸ばすのは、あまり他のポーズにはない気がします。首の前を伸ばすと、甲状腺ホルモンを刺激することができるので、体調を整える効果があります。

リカちゃん ビギナーヨガ

身長が0.4cm伸びた!ヨガで縮こまっていた骨が矯正されたのかも?

年一回の健康診断を受けてきました。なんと、身長が4mmも伸びていたんです!インストラクターの先生は、1cm伸びたとのこと。実際、よくあることなのだそうです。成長しているわけではなくて、これまで縮こまっていた骨格が正常な位置へ調整されるのだそうです。

リカちゃん リストラティブヨガ

ボルスターを使った片足のワニのポーズで内臓のデトックス

ヨガのねじりのポーズは、難易度が低いものから高いものまで、本当に多くの種類のポーズがあります。上体をねじるポーズは、内臓を刺激する効果があります。内臓を刺激すると、内臓が活性化して動きだします。そうすると、便秘解消にもつながっていきます。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ

安楽座で上体をねじって内臓の活性化、呼吸に合わせることが大事

ヨガとストレッチの一番の違いは、呼吸です。ヨガでは、吸う息、吐く息に合わせてポーズを行います。最初は慣れないかもしれませんが、次第にできるようになります。呼吸に合わせず、呼吸を止めてしまうようであれば、ヨガの効果が半減すると言われています。

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

上半身の筋膜はがしで首凝りを緩めて、顔の浮腫みやたるみも解消

首から鎖骨、二の腕から脇、体側の筋膜をはがすと、血液やリンパの流れを良くして、凝りを軽減することができます。そして、同時に顔のむくみやたるみも解消できます。この一連のほぐしを行なうと、頭や目の疲れもとれてスッキリです。血行が良くなって、ぽかぽかしてきます。

リカちゃんママ ビギナーヨガ

横向きの安楽座(あんらくざ)で体側伸ばしのウォーミングアップ

安楽座は、あんらくざと読みます。聞きなれない言葉かもしれないですが、通常の胡坐(あぐら)ですね。安楽座は、サンスクリット語で「スカ・アーサナ」と呼ばれています。サンスクリット語で「スカ」とは、「楽な」とか「安易な」という意味で「アーサナ」は「ポーズ」です。

リカちゃん ベーシックヨガ

足の浮腫みは【揺りかごのポーズ】で股関節を柔らかくしてスッキリ解消!

梅雨の時期は、浮腫みやすいので、股関節を柔らかくするポーズがおすすめです。ベイビークレイドルや片脚をぐるぐる回すストレッチは、足の付け根からストレッチするのが効果的です。浮腫みは、薬に頼らず、たとえ浮腫んでもストレッチなどで解消することをお勧めします。

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.