ホットヨガレッスン | ヨガと更年期

注目記事

1

ヨガは、運動が苦手な方も、リズム感がなくても楽しめるエクササイズです。もちろん、年齢も関係なく、年配者でも楽しむことができます。常温ヨガ教室とホットヨガ教室のどちらにも通った経験がある私がその違いについて考えてみました。

leepによる子宮頚部円錐切除術 2

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

ヨガの【弓を引くバランスのポーズ】ができない理由は...

バランスのポーズは筋力ではなく、軸をしっかり保つことができると安定するらしいです。バランスが苦手な人は、足の裏で踏ん張れていなかったり、身体の軸が分かっていないのだそうです。バランスのポーズは、集中力をアップすることができて、お尻の引き締めにもいいそうです。

股関節を柔軟にする【鳩のポーズ】はバリエーションに富んでいる

鳩のポーズといえば股関節を柔軟にするポーズとして有名ですが、バリエーションに富んでいて、完成形の鳩のポーズに行きつくまでにいくつかのポーズをとることがあります。上体を前屈しているポーズもあります。これだけでも、股関節はじわ~とかなり刺激されます。

【針の目のポーズ】でお尻の凝りを解して浮腫みも軽減

ヨガレッスンの最後のほうでよく行う針の目のポーズというのがあります。レッスンで使った筋肉の凝りを解すのが目的だとおもいますが、脚の浮腫み軽減にもなるポーズです。自宅でもすぐできるポーズです。また、美尻効果もあると言われています。

ねじりのポーズで内臓を活性化!これならテレビを見ながらでもできる

夏は冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎて、内臓を冷やしてしまうことが多いのだそうです。内臓が冷えると、代謝も悪くなり体調不良の引き金になることもあります。ねじりのポーズは、内臓を活性化してくれます。テレビを見ながらでもできるねじりのポーズを紹介します。

腹筋強化の【舟のポーズ】は軽めの【半分の舟のポーズ】から

女性は、ポッコリお腹に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ヨガには、お腹を引き締める舟のポーズというのがあります。年配者がいきなり筋力トレーニングを始めると、怪我のリスクも高くなりますが、ヨガならそんな心配もありません。

猫背の人は【骨盤後傾】出っ尻の人は【骨盤前傾】合蹠の前屈ポーズで矯正

骨盤が重要なことは周知のことですが、自分の骨盤は正しい位置にあると自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか?骨盤が後傾していると猫背になり、骨盤が前傾していると出っ尻になるのだそうです。骨盤矯正に効果的な合蹠の前屈のポーズを紹介します。

体側を伸ばしてウエストを引き締める【三角のポーズ】もできる範囲でOK

三角のポーズは、体側を伸ばしてウエストを引き締める効果が高いポーズせす。いくら自分のできる範囲でいいと言われても、やっぱり本来のヨガの綺麗なポーズをしたいものです。綺麗なポーズをして初めてヨガの効果も得られるのでしょうから。レッスン中のアシストは正しいポーズへ導いてくれます。

【片脚の逆転のバッタのポーズ】で体の背面を強化してヒップアップ

片脚の逆転のバッタのポーズは、身体の背面の強化やヒップアップに効果のあるポーズです。また、骨盤は上半身と下半身をつなぐ大事なところで、骨盤が歪むと体全体のバランスも崩れてしまうのだそうです。ヨガには骨盤を調整するポーズが多くあります。

リカちゃん リフレッシュヨガ

体側をしっかり伸ばすポーズで血行促進!気持ちも体も超スッキリ♪

体側を伸ばすポーズは、血行促進にもなりますし、体幹の強化にもなります。決して綺麗なポーズはできていないのですが、すごく全身がスッキリします。胸を開く効果や、股関節を柔軟にする効果もあります。体側を伸ばすポーズをした後は、元気スイッチが入る気がします。

【鳩のポーズ】ができない原因は柔軟性のなさ、やさしい鳩のポーズから

ホットヨガに通って1年経って、肩こりや腰痛がなくなり、以前できなかったポーズが少しずつできるようになってきています。この鳩のポーズも以前よりは良くなっているのかもしれませんが、まだまだハードルが高いポーズの一つです。かなり柔軟性を要求されるポーズです。

リカちゃんママ やさしいヨガ

難易度の低い【ねじりのポーズ】でも腹部の内臓機能を高められる

痛みがあると、笑顔になんてなれませんよね。毎日 笑顔で過ごせたら一番いいんですけどね。肩こりや首コリ、腰痛はなかなかすぐには治まってくれません。一時的に治ってもすぐ再発したりします。できる範囲でいいですから、少し体を動かしてみませんか?

足の浮腫みをとって綺麗な足を目指すなら【サギのポーズ】がお勧め

足が浮腫んだりしませんか?長時間のデスクワークが続くと足が浮腫みやすくなります。浮腫むと辛いですよね。30分に一度は椅子から立ち上がって、軽く運動をしたりするといいと言われます。足の浮腫み解消には、サギのポーズがお勧めです。

座位の開脚前屈ができなくても立位の開脚前屈ならできる!その理由は…

立位の開脚前屈はときどき行うポーズです。立って行うと膝の裏や腿の裏が伸びやすくなります。脚裏全体をすごく気持ちよく伸ばすことができます。それは、重力が関係しているんですね。重力の影響で座位の前屈より、立位の前屈のほうが深まりやすいのだそうです。

© 2021 ヨガと更年期