アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン 癒しのリラックスヨガ

フォームローラーで筋膜リリース!血流が良くなって体もぽかぽか

投稿日:2018年2月6日 更新日:

冬になると、寒さと冷えてあちこちの筋肉がこわばってしまいますね。無意識に肩に力が入っていたりします。そんな時こそ、ヨガで筋肉をしっかり伸ばしてあげたいですね。雪が降ってもヨガレッスンに参加されるメンバーが少なくなることはありません。みなさん、同じ気持ちなのかもしれません。

クラス内容

・運動量低めのリラックス系のクラス
・ボルスターやブロックなどの補助具を使ってゆっくりとポーズを行います。
・心身の疲労回復に効果的です

ヨガスタジオハートワンのヨガレッスンでは、プロップス(補助ツール)を使ったレッスンも多く取り入れられています。これまで体験してきたヨガ教室で、プロップスを使用するレッスンはなかったので、プロップスの使い方にしても驚くことがあります。

今日のレッスンでは、下のようなフォームローラーを使用しました。体の一部をあててごろごろするだけですが、筋膜リリースを行うことができるのだそうです。

筋肉がスムーズに動くためには、筋膜の滑りの良さが必要です。筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐすことを「筋膜リリース」と言います。筋膜リリースとは? | トリガーポイント™ 公式サイトより

このローラーですが、全体に大小の凸凹があります。つるつるの丸いポールではありません。大小の凸凹は硬過ぎることもなく、柔らかすぎることもない感じのポールです。

Flexyness®高品質のフォームローラ - (Foam Roller) - ヨガ、ストレッチ、こり解消、筋トレ、柔軟、筋力アップ、姿勢改善など - 説明書付き - (オレンジ色)

ヨガマットの上にこのフォームローラーを置いて、ごろごろしていきます。体の部位によっては、予想外に痛いということもあります。

75分のレッスンの間に、ずっとローラーを使っているわけではありません。ヨガのポーズに入る前に、ローラーを使って体をほぐしていきます。レッスン開始前に筋膜リリースを行うことで、効果はずいぶん変わるのだそうです。

足首から膝裏までをごろごろ

ローラーで筋膜リリース

  1. ヨガマットの上にローラーを横向きに置いて、両足首をのせます。
  2. 両手で上体を支えておきます。
  3. そして、右足を左足の上に乗せます。
  4. この状態でローラーをごろごろしていきます。
  5. まずは、足首をごろごろして、ふくらはぎから、膝裏まで行います。
  6. 力は抜いて、ゆっくりおこないます。
  7. 足を変えておこないます。

ちょっと位置を変えたり、重心を移動させるだけでも効き方が変わります。痛いけど気持ちいいと思うところを探して、ごろごろします。

脛(すね)をマッサージ

足首から膝裏までは、「ああ、気持ちいなぁ」と思っていたのですが、このローラーを使ったほぐしの最後に、脛(すね)をごろごろしました。

ローラーに脛(すね)を当てて、ちょっと体重をのせるだけで、ぎゃあ--!(>_<)です。
痛い

ごろごろなんて出来ません!!じっとしたままです。しばらくして慣れてきたら、恐る恐るゆっくり動かしていきましたが。

先生も初めは痛くてたまらなかったそうですが、慣れると出来るようになるそうです。手は、ローラーの前に置いて、加減しながらごろごろしてもいいです。
ローラーで筋膜リリース今日はふくらはぎ、太もも側面、脛(すね)など下半身を中心にローラーでごろごろしたのですが、クラスによっては、脇(わき)に置いてごろごろすることもあります。

このフォームローラーは、テレビを見ながらでも出来ますね。ごろごろするだけですが、身体がぽかぽかしてきます。疲れたなと感じたときには、このローラーでごろごろして筋膜リリースを行うのもいいかもしれないですね。

ローラーは、決して高価なものではないですし、商品によってはDVDなど解説付きのものもあります。

アドセンス

推奨管理人一押しのヨガマットです。「ヨガマットの選び方ガイド」も参考になります。

関連コンテンツ_PC

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン 癒しのリラックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.