常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

仰向けのねじりのポーズは寝た姿勢だからこそ効果が得られやすい

投稿日:2017年10月18日 更新日:

ヨガスタジオハートワンの今月の骨盤調整ヨガには、必ず参加するつもりで頑張っています。特にハードなポーズもなく、レッスン中に体を観察することを中心にしたようなプログラムになっていて、私には合っているようです。参加者のメンバーもなんとなくお決まりのメンバーになってきたようです。

クラス内容

・運動量低め~中程度のクラス
・上半身と下半身をつなぐ重要な関節である骨盤を中心に、全身の調整を行っていきます。
・骨盤まわりの筋肉をしなやかに保ち、骨盤の歪みや開きをアシストし、腰痛や姿勢の改善、疲れやすい体の改善にも効果があります。

骨盤の重要性

骨盤が人の身体にとって、どれほど大事かということは周知のことと思います。今や、テレビやラジオでも健康番組が増えていますし、よく耳にされていると思います。

上半身と下半身をつなぐ骨盤は、人の身体の土台となる骨の集合体なのだそうです。

この重要な骨盤に歪みが生じると、血流が悪くなって冷え症になったり、腰痛や生理痛の要因になったりもするそうです。

以前、よく整体に行って仰向けになると、その姿勢を正されていました。真っ直ぐに寝ているつもりが、真っすぐではないということなんです。「真っすぐはこうですね」と、アシストされます。「えっ?」という感じです。これもきっと骨盤の歪みが原因なんでしょうね。

一ヶ月、骨盤調整のクラスに参加したら、治るというものではないです。

ヨガの先生
一ヶ月は同じメニューで行いますので、できるだけ覚えて自宅でも行ってもらうと、骨盤調整の効果も早く出てくると思います。

ですよねぇ、そんなに簡単にはいかないですよね。やっぱり自宅でもやった方がいいんですよね。覚えるのは苦手ですが、こうやって記事にしておくと少しは記憶に残るかなぁと思っています。

このクラスが好きなのは、寝っ転がって行うポーズが多いからかもしれません。

寝た姿勢でポーズをすると、余分な力が抜けて筋肉も緩みやすくなっているんですね。その分、より高い効果を得られるようです。

仰向けのねじりのポーズ

仰向けのねじりのポーズ

出典:Yoga Share

仰向けのねじりのポーズのやり方です。

  1. 仰向けに寝て、両ひざを立てます。
  2. 右側に両ひざを倒します。右手を左ひざの上におきます。上から抑えるようにして、出来るだけ右ひざは床に着くようにします
  3. 左手は、まずお尻の近くに手の平を上に向けた状態でおきます。
  4. 顔は、左側に向けます。この状態で呼吸を続けます。
  5. そして、左手を上へ上げていき、倒した膝と引っ張り合うようにします
  6. その後、手の平を返して、手の平を床に向けます。再度、膝と引っ張り合うようにします。
  7. 仰向けに戻り、反対側も同様に行います。

仰向けのねじりのポーズは、腹部のねじりのポーズとも呼ばれているようです。このポーズは、腰痛緩和や便秘の解消に効果的です。このクラスで行うように横に伸ばした手をねじったりすると、脇も気持ちよく伸ばすことができます。

無理なく伸ばせる範囲でOKです。つらいと感じる強さではリラックスすることができませんから。

このポーズは、寝る前にお布団の上でも出来ますね。ポーズの後、そのまま深い眠りに入ることができます。

スポンサーリンク

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによ ...

便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが ...

-常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.