https://fun.cx

アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

ホットヨガが向く人と向かない人

投稿日:2018年3月22日 更新日:

今日のレッスンは、はじめて参加者が二人という状況でした。先生と個人的にお話もできてよかったですけど、やはりちょっと寂しい気がします。

レッスン開始前の先生との会話です。

ヨガの先生

どこか気になるところはありますか?

あちこち悪いです。

腰も怠かったし、肩や首はもともと悪いです。足は浮腫みやすいですし。

もう一人の方は、背中が痛いと。

ヨガへ来る方たちって、どこか不具合を感じてる方が多い気がします。

体調不良は私だけではないと妙に安心したりもします。誰だって溌剌と元気に生活したいんですよね。

クラス内容

・運動量低めのリラクゼーションを促すクラス
・優しいポーズを少し長めにキープして心も体も柔軟にします。
・初心者の方や体が硬い人も楽しめるような、ゆったりした動きを中心に行います。

ホットヨガが向く人と向かない人

今日、ふとしたことでインストラクターの先生から、「ホットヨガ」と「常温ヨガ」について、お話を聞くことができました。

ヨガの先生

ホットヨガは、筋肉質で太っている人がダイエットする場合はいいけど、色白で筋肉がない人には向かない

もともとヨガは汗をかくためのエクササイズではないですから。

ホットヨガに向く人と向かない人

この話を聞いて、なるほどと思ってしまいました。

私は、筋肉質ではないです。色白かどうかは判断しかねますが、やはりホットヨガには向かない体質だったのかもしれません。

ホットヨガが合わない人もいるということは知っておいたほうがいいですね。

ホットヨガのほうが爽快感はありますが、常温ヨガでもマッサージを受けた後のようなスッキリ感はあるので十分満足しています。

【ホットヨガ】から【常温ヨガ】へ変えた理由は…

ホットヨガから常温ヨガへ変えました。変えた理由は、脱水による不整脈を起こしたからです。不整脈の原因のすべてがホットヨガにあるのは思っていませんが、要因の一つかもしれないという思いからです。

続きを見る

【ホットヨガ】と【常温ヨガ】の違い!体験した私が感じた10の比較

ヨガは、運動が苦手な方も、リズム感がなくても楽しめるエクササイズです。もちろん、年齢も関係なく、年配者でも楽しむことができます。常温ヨガ教室とホットヨガ教室のどちらにも通った経験がある私がその違いについて考えてみました。

続きを見る

嘘でもなんでもなく、ホットヨガの爽快感は超絶です。そして、おそらくですが、脳がその爽快感をインプットして記憶します。

ですが、その快感と身体の反応は別物なのだと思います。

私が通っていたホットヨガスタジオ(CALDO中州)は、スパも充実していて、ヨガの後はスパを利用することができました。

だから、なおさら爽快感を感じたのかもしれません。

時計の針のポーズ

五十肩や、四十肩と呼ばれる肩関節周囲炎の時は、絶対出来なかったと思うポーズです。

肩関節周囲炎は、英語でフローズンショルダーと呼ばれています。

五十肩や四十肩の予防のためにも絶対おすすめしたいポーズです。

ポーズというより、ストレッチですね。

時計の針のポーズ

時計の針のポーズの進め方

  1. まず、ヨガマットに仰向けになります。右足の膝を曲げて立てます。両手は肩の高さで左右に広げておきます。手の平は上向きです。
  2. 右足の膝を立てたまま、身体ごと左側を向きます。両方の手の平を合わせます。右膝はマットにつけておきます。これで準備完了です。この腕の位置が時計の針の12時の位置と思ってください。
    横向き
  3. 息を吸いながら、右腕を頭のほうへ回します。背中側のマットに指が触れるぐらい大きく回します。時計の針が動くようにゆっくり大きく回していきます。
  4. 半分まで来たら(6時の位置まできたら)、息を吐きながら回します。12時の位置に戻ります。5回ほど繰り返します。
    片腕回し
  5. 今度は、反対周りに5回ほど回します。反対回しも息を吸いながら6時の位置まで、息を吐きながら12時の位置へ戻ります。
    片腕回し
  6. 身体の向きを変えて、同じように行います。

時計の針のポーズの主な効果

  • 肩周りの筋肉ほぐし
  • 肩こりの軽減

右向き、左向きと一通り終わると、肩周りの血行が良くなって、ぽかぽかしてきます。

ゆっくり行なうこと、床に指が触れるぐらい大きく、そして吸って吐いてを忘れないように行います。

時計の針のポーズのバリエーション版も紹介しています。

【時計の針のバリエーション版】は、肩周りだけでなく腰周りにも効く

時計の針のポーズは、横向きになって片腕を回すポーズです。このポーズの2つのバリエーション版を紹介します。肩周りや肩甲骨のほぐしに効果のあるポーズです。どのポーズの場合も、ゆっくりゆっくり呼吸に合わせて、大きく回すことがポイントです。体がポカポカします。

続きを見る

フローズンショルダーの頃

このストレッチを行いながら、四十肩、五十肩の頃を思いだしてしまいました。いずれ治ると言われても、その渦中は本当に苦しかったなぁと。

腕を切って捨てたいと思うほどでしたからね。

四十肩、五十肩のことを英語ではフローズンショルダーと呼ばれています。

四十肩、五十肩が怖いのは、「ある日突然、やって来る」ということです。自分でも「えっ?!」何が起きたんだと驚きます。

それからの日々は、耐えがたいものです。

右肩こり
右五十肩はある日突然やってきた!切って捨ててしまいたいほど痛い

突然、右腕が上がらなくなりました。ブラジャーを留めることができないのです。腕を上げられないことで日常の生活に支障がでます。服を脱ぐのも着るのも痛い、時間がかかる。ビンやペットボトルの蓋も開けられなくなりました。五十肩が治るのに3年ほど要しました。

続きを見る

左肩こり
左五十肩と頚椎症で肩も上がらないし首も回らない

まさか、また五十肩を発症するとは!右の五十肩で苦しんで、やっと解放されていたのに、左肩も発症するなんて!ショックでした。症状から すぐに五十肩だと判断できました。2度目ですからね。そして、月日が経てば治るんだという確証もありました。

続きを見る

個人差はあると思いますが、経験した人でなければ分からない苦しみだと思います。パソコン業務が多い方は特に気をつけてほしいと思っています。肩周りや肩甲骨が固まらないように、普段から出来るだけ動かしておいてくださいね。

治療より予防が大事ですから!

深い呼吸が大切

レッスン後に、先生から言われたことです。

ヨガの先生

お二人とも、呼吸が浅いですね。私が、吸って、吐いてと言ってるときは出来ているけど...

深い呼吸を心掛けましょうね。

いやいや、どのクラスの先生も「胸を開きましょう。」とよく言われます。

胸を開くことで、深い呼吸ができるようになるんですよね。深い呼吸ができるうようになると血流も良くなります。

胸を開くことができる ↓

姿勢が良くなる ↓

深い呼吸ができる ↓

多くのエネルギーを取り込む ↓

血流が良くなる

おすすめ記事と広告

おすすめ

比較

Profile

執筆者/はま

-常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

Copyright© 更年期はヨガで楽しく乗り切ろう , 2020 All Rights Reserved.