常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

安楽座で上体をねじって内臓の活性化、呼吸に合わせることが大事

投稿日:2018年6月15日 更新日:

ヨガとストレッチって、何が違うの?と思っていらっしゃる方も多いと思います。

一番の違いは、呼吸です。ヨガでは、吸う息、吐く息に合わせてポーズを行います。最初は慣れないかもしれませんが、次第にできるようになります。呼吸に合わせず、呼吸を止めてしまうようであれば、ヨガの効果が半減すると言われています。

リカちゃん デトックスヨガ
ストレッチとヨガの違いはわかりますか?

ヨガとストレッチの違いってわかりますか?ポーズをするだけならストレッチ、 ...

続きを見る

クラス内容

・運動量低めのリラクゼーションを促すクラス
・優しいポーズを少し長めにキープして心も体も柔軟にします。
・初心者の方や体が硬い人も楽しめるような、ゆったりした動きを中心に行います。

安楽座(あんらくざ)のねじり

吉祥座(きっしょうざ)のねじりというポーズをレッスンの始めに行ないました。

安楽座(あんらくざ)で両手を前後に広げてねじる簡単なポーズです。

ヨガでは、ポーズに呼吸を合わせるのではなく、呼吸にポーズを合わせるとよく言われます。こういう簡単なポーズから、呼吸に合わせるということを身に着けていったほうがいい気がします。

安楽座のねじり

YogaShareでは、吉祥座(きっしょうざ)のねじりとなっていますが、今日は安楽座(あんらくざ)で行いました。

吉祥座のねじり

出典:Yoga Share

  1. 安楽座(あんらくざ)で合掌します。
    安楽座で合掌
  2. 息を吸いながら、両手を天井へ向けて伸ばします。
    安楽座で両手を天井へ
  3. 息を吐きながら、上体をゆっくり右へねじって、両手を前後に開きながら下します。右手はお尻の後ろへ、左手は膝へ置きます。
    安楽座でねじり
  4. 数呼吸キープします。この時も吸う息で背筋を伸ばして、吐く息でねじりを深めます。
  5. 息を吸いながら、両手を上へ上げて、息を吐きながら、合掌に戻ります。
  6. 反対側も同様に行います。

このポーズは、ねじることで内臓を刺激して活性化することができます。吉祥座(きっしょうざ)のねじりについては、以下の記事でも紹介しています。

リカちゃん やさしいヨガ
体の内側からしっかり温めるにはホットヨガが最適

寒い日が続くと体のあちこちが縮こまってしまうようです。ホットヨガで優しく ...

続きを見る

安楽座・蓮華座・半蓮華座

安楽座(あんらくざ)は、左の踵と右の踵、そして恥骨が一直線になるようにします。両方のお尻のお肉を外へ掻き出して、左右の座骨をマットにしっかり立てます。そうすることで、背筋がピンと伸びます。

もし、この安楽座の姿勢が辛いようであれば、片足を前に出したり、ブランケットをお尻に敷いたりして調整します。自分が楽に座れる姿勢を探して調整します。

股関節や股関節周りの筋肉が硬いと安楽座も辛いと思いますが、ヨガを継続していくうちに、だんだん楽に座れるようになります。以下の記事で少し触れています。

リカちゃんママ ビギナーヨガ
横向きの安楽座(あんらくざ)で体側伸ばしのウォーミングアップ

ヨガ教室へ通い始めて数か月が経過していますが、未だにビギナークラスがピッ ...

続きを見る

ヨガでは、安楽座(あんらくざ)以外に蓮華座(れんげざ)や半蓮華座(はんれんげざ)と呼ばれる、もっと足を深く組む座り方もあります。慣れると、蓮華座が楽にできるようになり、一番リラックスできる座り方になるのだそうです。

YogaShareでは、その他の呼び方で、結跏趺坐(けっかふざ)、半跏趺坐(はんかふざ)とも記されています。

蓮華座

出典:Yoga Share

半蓮華座

出典:Yoga Share

タオルで肩回し

最近 タオルを肩幅に持って、背中に回せるようになったんです!いやいや驚きです。もちろん、背中から前へ戻すこともできます。

右肩も左肩もフローズンショルダー(肩関節周囲炎)で苦しんだのですから、本当に嬉しいです。

右肩こり
右五十肩はある日突然やってきて日常生活に支障が

もう記憶も曖昧になってしまいましたが、2008年の夏ごろだったと思います ...

続きを見る

左肩こり
左五十肩と頚椎症で肩も上がらないし首も回らない

右五十肩の苦しみからやっと解放されたのに、まさか左肩も五十肩になるとは思 ...

続きを見る

ヨガ教室へ通い始めた頃は、とても想像できませんでした。

肩幅といっても、タオルを斜め対角線上に持った長さなら楽にできますが、まだ、肩幅と同じ長さでは出来ないです。

それにしても、私にとっては凄いことなんです!!

ベルトを使った肩回しを時々行なうことがあったのですが、昔より、なんだか楽にできるようになったなぁ~と感じていました。
ベルトで肩回し

お風呂上りに何気にタオルをくるくる巻いて、両手に持って背中に回してみると・・・あれ?出来る!\(^-^)/

背中から前にも回せます。嬉しかったですねぇ!

肩周りの筋肉が柔らかくなったのだと思います。

ヨガを継続していると、出来なかったポーズが、いつの間にか出来るようになっていて驚くことがあります。1年、2年と続けていると、身体の変化に気がつくことがあります。

最近は、お風呂上りにタオルで肩回しが楽しく仕方ないです。だんだんタオルの幅を狭くして、肩幅で出来るようになったらいいなと思っています。

スポンサーリンク

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによ ...

2

ハワイへ行って、すぐ耳にしたのが「貼るサプリ」です。今、話題になっている ...

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが ...

-常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.