アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン 癒しのリラックスヨガ

太ももの前をストレッチするなら、この鳩のポーズが効果大!

投稿日:2017年11月21日 更新日:

鳩の名前がついたヨガのポーズは多いです。たとえば、王様の鳩のポーズ片脚の鳩の王様のポーズねじった片脚の鳩の王様のポーズ手を縛った片脚の鳩のポーズなどがあります。今日、行った鳩のポーズは、太ももの前がビリビリして、本当に良く伸ばすことができました。明日の朝がちょっと怖いですが。。。

クラス内容

・運動量低めのリラックス系のクラス
・ボルスターやブロックなどの補助具を使ってゆっくりとポーズを行います。
・心身の疲労回復に効果的です

今日のヨガスタジオハートワンの癒しのリラックスヨガのクラスでは、ボルスターもブロックもベルトもローラーも使いませんでした。これまでのヨガ教室では、ツールを使ってポーズを行うことはなかったので、まだツールを使うことに興味があります。ちょっと残念でした。

クラスによっては、テニスボールを使って、背中全体をほぐすことがあるのですが、テニスボールがこんなに気持ちいいとは驚きで、レッスンの帰りにスポーツ店でテニスボールを求めてしまったぐらいですから。

癒しのクラスでも、私にとってはハードと思うポーズもあります。苦手な鳩のポーズのバリエーションのポーズがありました。太ももの前がよ~く伸びるポーズです。太もも前の筋肉が硬くなると、腰痛の原因にもなったりするようです。まだ腰痛はないですが、今のうちから柔らかくしておかないと、ちょっと怖いかもしれません。

いやいや、今思い出したのですが、以前は、ちょくちょく腰が痛くなって整体やカイロプラクティックのお世話になっていました。私の場合、軽い腰痛だったので、一度施術を受けると治るんですね。でも、普段の生活が悪いのか、すぐ再発していました。

そう言えば、最近 腰痛はないです。はい、キッパリないです。ヨガを継続してきたおかげでしょうか?

片脚の鳩の王様のポーズ2

片脚の鳩の王様のポーズ2

出典:Yoga Share

片脚の鳩の王様のポーズの進め方

  1. ダウンドッグのポーズから始めます。
    ダウンドッグ
  2. 視線を両手の間に移して、右足を両手の間に移動させます。
  3. 左足の膝(ひざ)を床について、足の甲も床につけます。
  4. 両手を右膝の上に置いて、上体をおこします。
    片足膝立ち
  5. 後ろに伸ばした左足の膝を曲げます。
  6. 左手で左足をつかみます。できれば、お尻につくように押し付けます。呼吸を続けます。

    片脚の鳩の王様のポーズ2

  7. 反対の足も行います。

片足の膝を曲げるとき、ぐらっとしそうになりました。

片手で足首をつかむだけならそれほど無理な感じはなかったのですが、先生から曲げた足の踵(かかと)をお尻に押し付けられると、「うおーーーっ!」という感じでビリビリです。太ももの前が伸びます、ものすごく伸びます!!
痛い

また、左と右でも差があります。右はつかめても、左はつかめないという人もいるようです。確かに私も右足を曲げたときは、すっと右手でつかめたのですが、左足は振り向いて足先を探してしまいました。

筋肉は柔らかく

デスクワークが長かったり、同じ姿勢が続くと太ももの筋肉も硬くなってしまうのだそうです。

どこの筋肉も硬くなってしまうと、いいことはありません。

筋肉は柔軟にしておかないと、血流も悪くなり疲労が蓄積しやすくなります。

時々は、筋肉の柔軟性もチェックしておいたほうがいいかもしれません。

アドセンス

推奨管理人一押しのヨガマットです。「ヨガマットの選び方ガイド」も参考になります。

関連コンテンツ_PC

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン 癒しのリラックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.