https://fun.cx

常温ヨガレッスン

【片脚の鳩の王様のポーズ】で太腿の前を強烈にストレッチ

投稿日:2017年11月21日 更新日:

鳩の名前がついたヨガのポーズは多いです。たとえば、王様の鳩のポーズ片脚の鳩の王様のポーズねじった片脚の鳩の王様のポーズ手を縛った片脚の鳩のポーズなどがあります。

片脚の鳩の王様のポーズは、太ももの前の筋肉を強烈に伸ばすことができます。

太もも前の筋肉が硬くなると、腰痛の原因にもなったりするようです。まだ腰痛はないのですが、今のうちから柔らかくしておかないと、ちょっと怖いかもしれません。

片脚の鳩の王様のポーズ2

以下の画像のようなポーズを片脚の鳩の王様のポーズと呼びます。

片脚の鳩の王様のポーズ2

片脚の鳩の王様のポーズの進め方

  1. ダウンドッグのポーズから始めます。
    ダウンドッグ
  2. 視線を両手の間に移して、右足を両手の間に移動させます。
  3. 左足の膝(ひざ)を床について、足の甲も床につけます。
  4. 両手を右膝の上に置いて、上体をおこします。
    片足膝立ち
  5. 後ろに伸ばした左足の膝を曲げます。
  6. 左手で左足をつかみます。できれば、お尻につくように押し付けます。呼吸を続けます。

    片脚の鳩の王様のポーズ2

  7. 反対の足も行います。

主な効果

  • 胸を広げて肺機能を高める
  • 股関節を柔軟にする
  • 肩の柔軟性を高める
  • 太もも前の筋肉伸ばし

片手で足首をつかむだけならそれほど無理な感じはないのですが、先生から曲げた足の踵(かかと)をお尻に押し付けられると、「うおーーーっ!」という感じでビリビリです。

太ももの前が伸びます、ものすごく伸びます!!
痛い

また、左と右でも差があります。右はつかめても、左はつかめないという人もいるようです。

確かに私も右足を曲げたときは、すっと右手でつかめたのですが、左足は振り向いて足先を探してしまいます。

筋肉は柔らかく

デスクワークが長かったり、同じ姿勢が続くと太ももの筋肉も硬くなってしまうのだそうです。

どこの筋肉も硬くなってしまうと、いいことはありません。

筋肉は柔軟にしておかないと、血流も悪くなり疲労が蓄積しやすくなります。

筋肉

時々は、筋肉の柔軟性もチェックしておいたほうがいいかもしれません。

おすすめ記事と広告
執筆者/はま

-常温ヨガレッスン

© 2021 ヨガと更年期