アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

腰の違和感は【膝たおしのポーズ】で軽減!腰の緊張を緩めるポーズ

投稿日:2018年2月28日 更新日:

朝、起き上がると、「あれ?腰がいたい。」ということがあります。痛くて動けないというわけではないのですが、常に鈍く痛むということがあります。寝てるときに、なんかやっちゃったのかなぁという感じです。

この腰の違和感は気持ち悪いもので、気分もすぐれません。以前は、こういう時は整体院へ行っていました。私の場合、一回の施術でたいてい治ってしまうので、たいしたことではないのですが。

そうだ!ヨガへ行こう!

最近は、ヨガへ行けば治るかも?と思ってしまいます。

ヨガへ行こう

今日も腰に違和感をかかえたままヨガレッスンへ参加しました。

クラス内容

・運動量低め~中程度のクラス
・上半身と下半身をつなぐ重要な関節である骨盤を中心に、全身の調整を行っていきます。
・骨盤まわりの筋肉をしなやかに保ち、骨盤の歪みや開きを矯正し、腰痛や姿勢の改善、疲れやすい体の改善にも効果があります。

骨盤調整ヨガでは、その名のとおり骨盤を調整するポーズを中心にプログラムされています。ですが、75分間のすべてがそうではありません。レッスン開始には、呼吸を整える時間もありますし、バランスのポーズなどもあります。

今日は、腰が鈍く痛む状態での参加でした。結果から先にいうと、予想通り腰の痛みは解消しました♪

決して誰でもヨガレッスンに参加したら、私と同じように腰痛が解消するとは思っていません。私の場合、腰が鈍く痛くても、ヨガへ行けるくらいの痛みです。

おそらく、今日の違和感も整体院へ行っても、一回の施術で治るくらいの腰痛です。

これまでの経験で、多少の体調不良はヨガで解決できると分かっているので参加しています。

少し早めに着いたので、レッスン開始までにヨガマットに仰向けになって、テニスボール2個を腰の下へ置いてころころしていました。少し痛いけど、痛くても気持ちいい感じです。

Kaiser(カイザー) 硬式 テニス ボール 2P KW-431 練習用

レッスン開始までは、棚においてあるローラーボルスター、テニスボールなどのプロップスを取り出して、自由に使っていいことになっています。

リカちゃんママ 美ボディヨガ
テニスボールでの鎖骨周り、脹脛(ふくらはぎ)、背面のマッサージは超気持ちいい♪

鎖骨周りにはリンパ節があり、そこを軽く刺激してあげるとリンパの流れが良くなるそうです。テニスボールをころころするだけなのですが、とても心地いい感じです。右手で左の鎖骨周りを、左手で右の鎖骨周りをころころするだけです。

続きを見る

仰向けの膝(ひざ)倒し

このクラスでは、よく腰の緊張を和らげるストレッチを行います。今日もそのストレッチを行いました。私のようにちょくちょく腰が痛くなる人にはおすすめのストレッチです。

膝倒し

仰向けの膝(ひざ)倒しの進め方

  1. 仰向けになります。手の平は下に向けて、腰の横におきます。
  2. 両膝(ひざ)を立てます。膝はくっつけて、足の裏はピタッと床につけます。
    仰向けで膝立て
  3. 右側へバタっと倒します。手や顔はそのままです。両膝だけを右側へ倒します。
    右側に膝を倒す
  4. また、中央に立てて、今度は左側へ倒します。
    左側に膝を倒す
  5. これを数回繰り返します。
ヨガの先生
車のワイパーのようにパタッ、パタッと倒していいですよ

力を抜いて、左右に膝(ひざ)を倒します。これだけで、腰の緊張をやわらげることができるそうです。

腰に違和感はありましたが、このストレッチはなんなくできました。何も考えずにパタッ、パタッと倒すだけなので楽です。

ヨガスタジオに入るときと、レッスンが終わってスタジオから出るときの身体の変化は明らかです。腰もスッキリです。

これで仕事ができるぞ!と帰宅する足も軽くなります。

アドセンス

比較

関連コンテンツ_PC1

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.