https://fun.cx

常温ヨガレッスン

割り座から後ろへ【仰向けの英雄座のポーズ】もボルスターを使うと楽

投稿日:2018年1月21日 更新日:

リストラティブのクラスでは、難しいポーズやハードなポーズはありません。絶対にないのです。

このクラスは筋肉を緩めるのが目的だからです。

そんなわけで、リストラティブのヨガクラスへ行くときは、これっぽっちの不安がありません。

ヨガでは、仰向けの英雄座というポーズがあります。このポーズは割り座になるのですが、この割り座が楽にできる人とそうでない人がいます。

割り座

割り座って分かりますか?

正座の姿勢から、両足のふくらはぎを外へ出して座る状態です。この割り座が楽にできる人と難しいと感じる人がいます。

割り座

女性の方が楽にできる人が多いかもしれません。

この割り座ができないという人は、股関節がかたく、足の張りも強いという場合が多いそうです。

ヨガでは、この割り座でもちゃんと名前が付けられていて、英雄座、または英雄のポーズといいます。

仰向けの英雄座というのは、このままゆっくり上体を倒していって仰向けになるポーズです。

仰向けの英雄座

リストラティブヨガのクラスでは、ボルスターを使っておこないます。

仰向けの英雄座

ボルスターを使った割り座(仰向けの英雄座)

仰向けの英雄座の進め方

  1. ヨガマットの後ろ半分にボルスターを縦に置きます。
  2. ボルスターの前方に割り座で座ります。
  3. お尻の後ろのボルスターに手を置いて、ゆっくりボルスターに体を委ねるように倒していきます。
  4. 深い呼吸を続けます。数分間、この姿勢のままでリラックスします。

仰向けの英雄座の主な効果

  • 太もも前面の筋肉伸ばし
  • 不眠症の緩和
  • 胸を広げる
  • 内臓機能の活性化
  • 足首の柔軟性を高める
  • 婦人科系のトラブル軽減
  • 頭痛の軽減

上記画像では、手は踵(かかと)に置いてますが、今日のレッスンでは、左右に広げたポーズでした。ボルスターの上で両手を広げると、胸を開くことができて気持ちいいです。

ボルスターの高さがあるので、割り座が苦手な人でも、楽にできると思います。

リストラティブのクラスでは、1つのポーズの時間が長いので、できるだけ楽になれる姿勢が好ましいです。

この英雄座のポーズは、太ももの前側と鼠径部(そけいぶ)をじっくり伸ばすことができますし、足首のストレッチにもなります。

下半身の疲労を解消して、老廃物を流しやすくなります。

また、仰向けなので、腹部や腰もじっくり伸ばすことができます。

おすすめ記事と広告
執筆者/はま

-常温ヨガレッスン

© 2021 ヨガと更年期