常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

ブロックを使った合蹠(がっせき)の前屈ポーズで股関節を柔軟に

投稿日:2018年3月1日 更新日:

リラクゼーションヨガのクラスは、初心者向けや身体が硬い人にも楽しめるようにと新しくできたクラスです。いつまでたっても初心者の域から抜けられない私には向いているかもしれないと参加してきました。

クラス内容

・運動量低めのリラクゼーションを促すクラス
・優しいポーズを少し長めにキープして心も体も柔軟にします。
・初心者の方や体が硬い人も楽しめるような、ゆったりした動きを中心に行います。

ヨガスタジオハートワンのリラクゼーションヨガのクラスでは、なんとレッスン開始前に先生が軽く首すじや肩をマッサージしてくれます。びっくりしてしまいました!

最後のシャバアーサナのときに、マッサージしてくださる先生は多いのですが、開始前にマッサージを受けたのは初めてです。嬉しいですねぇ♪

両手首には少量のアロマもつけていただき、レッスン中にその香りを思いっきり吸って、深い呼吸を行いました。これもなかなかいいなぁと思います。

レッスン中に行なうポーズの数は少ないと思いますが、一つ一つのポーズに時間をかけて行います。はっきり言って、長めにキープするのは楽ではないです。

そのため、長めのキープを補助してくれるブロックなどを使います。

今日のレッスンの中で、ブロックを使ったポーズです。

合蹠(がっせき)の前屈のポーズは、座位のポーズで両足の足の裏を合わせて、マットに額をつけるようにするのですが、このポーズも股関節が硬い人にとっては ちょっと無理があります。いや、ちょっとどころではない方も多いようです。今日は、この合蹠(がっせき)の前屈のポーズのときにブロックを使用しました。

合蹠(がっせき)の前屈のポーズは、以下の記事で紹介しています。

リカちゃんママ ビギナーズヨガ
猫背の人は骨盤後傾、出っ尻の人は骨盤前傾。骨盤矯正は合せきの前屈ポーズで

骨盤が重要なことは周知のことですが、自分の骨盤は正しい位置にあると自信を ...

ブロックを使った合蹠(がっせき)の前屈ポーズ

ブロックを使った合蹠のポーズ

ブロックを使った合蹠(がっせき)のポーズのやり方です。

  1. マット上で両足の足裏を合わせます。両足の足裏を合わせるポーズのことを合蹠(がっせき)のポーズといいます。両足の踵(かかと)は出来るだけ、恥骨に近づけます。出来る範囲で、決して無理はしないようにします。
  2. 両足先の前にブロックをおきます。息を吸いながら、背筋を伸ばします。
    合蹠のポーズ
  3. 息を吐きながら、ゆっくり前屈していきます。骨盤から倒すようなイメージで行います。
    合蹠のポーズ
  4. ブロックに額をつけて、深い呼吸を続けながら、ポーズをキープします。少し長めにキープします。両手は、力を抜いてブロックの横に置いておきます。
    ブロックを使った合蹠のポーズ
  5. 息を吸いながら、上体をおこします。

ブロックの高さは、自分で調整します。ブロックを縦に置いたり、横に置いたたり、あるいは2個使うなどして高さは自分が前屈できる高さに合わせます。

私は、ブロック1個を横にしておきましたが、それでも、キープする時間が長めなので股関節には十分な刺激がありました。

股関節を柔軟にすると、血流がよくなり浮腫みの解消にもつながります。骨盤調整にも役立つポーズです。

初めから床に頭を付けるポーズを目指すのではなく、ブロックを使って無理なく徐々に股関節の柔軟性を高めていくのは、とてもいい方法だと思います。

スポンサーリンク

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによ ...

おやつ抜きダイエット 2

更年期障害の治療のためにレディースクリニックに通っています。 最近は、体 ...

3

ハワイへ行って、すぐ耳にしたのが「貼るサプリ」です。今、話題になっている ...

-常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.