常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

杖のポーズ(長座の姿勢)で背筋をピーン!背筋や腹筋の強化

投稿日:2018年5月25日 更新日:

ヨガのポーズの中には、「えっ?これもヨガのポーズなの?」と思うものがあります。ちゃんと名前も付けられていますし、効果や効能もあります。

今日のヨガレッスンで行なった杖のポーズというのは、ヨガマットにただ両足を前に出してお尻をついているだけのものです。でも、背筋をピーンと伸ばしてしばらくの間キープしていると、背中やお腹にじわじわ効いてきます。

今日はそんなポーズを紹介します。

クラス内容

・運動量低めのリラクゼーションを促すクラス
・優しいポーズを少し長めにキープして心も体も柔軟にします。
・初心者の方や体が硬い人も楽しめるような、ゆったりした動きを中心に行います。

ヨガスタジオハートワンのリラクゼーションヨガのクラスには、半分はマッサージを楽しみに出かけているのかもしれません。

どういう理由がヨガ教室へ通い続けるきっかけになるかわかりませんね。

杖のポーズ

今日、紹介するのは杖のポーズです。ヨガマットに両足を前に出して、お尻をついているだけのものです。

杖のポーズ

杖のポーズのやり方です。

  1. ヨガマットにお尻をついて、両足を前に伸ばします。足先は天井へ向けてヨガマットに直角に立てます。
  2. お尻の肉を外へかき出して、座骨をしっかりマットにつけます。
  3. お尻の横に指を立てて、背筋を上へ上へと伸ばします。肋骨や胸を引き上げて、肩甲骨は下へ下すようにします。首も上へ引き上げるようにします。
  4. 手の平を床につけます。
  5. 踵(かかと)を前に押し出しながら、足の裏側全体がマットに張り付くようにしっかり伸ばします
  6. 視線は正面です。
  7. この姿勢を1分ほどキープします。

床についた腕を杖に見立てて、杖のポーズという名前がついたようです。

別名、長座とも呼ばれているポーズです。長座の姿勢になって、始めるヨガポーズも多いです。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ
ヨガのポーズは難しいけど、ポーズの完成度を競うものではありません

ヨガスタジオハートワンリラクゼーションクラスの先生は、レッスン開始前にア ...

続きを見る

開始の時の長座の姿勢は、その時だけなので筋肉が強化されていると感じることはないのですが、数呼吸の期間キープすると筋肉に変化が出てきます。

見た目は地味なポーズですが、実際やってみると、背中、お腹、脚の裏など、なんだか全身がピリピリしてきます。

背筋や腹筋が強化されて、姿勢改善に導くことができるポーズです。

ティンシャ

ヨガを一度でも体験したことがある方なら、「チーン」という音を聞いたことがあると思います。

レッスンでは、インストラクターの先生がシャバアーサナの終わりの合図として、目覚めの合図として「チーン」と鳴らされます。

クラスによっては、レッスン開始してすぐの瞑想の時間に鳴らされることもあります。

ティンシャとは、下のように5センチほどの丸いメタル2個を組み紐で繋げてあるものです。

このティンシャの音は先生によって、多少異なります。軽く鳴らされる先生もいますし、割と大きい音で鳴らされる先生もいます。また、鳴らされる回数も異なります。

先生によって異なるのか、ヨガレッスンの難易度やプログラムによって変えていらっしゃるのかもしれません。小さい音から、だんだん大きくなったりすることもあります。

いずれにしても、とても澄み切ったいい音です。

シャバアーサナの時の深いリラックスの状態の時に、このティンシャの音で気持ちよく目覚めさせてくれます。

シャバアーサナ

ティンシャは、空気の浄化や精神安定などにも使用されるようです。

仰向けに寝ているときに鳴らされるので、実際 先生がどのような鳴らし方をされているかは知る由もないのですが、もしかしたら、先生によって鳴らし方も異なっているかもしれないですね。

深いリラックスしてるときの「チーン」という音色は、本当に心地いいですよ。

まだ、経験されていない方は、ヨガ教室で ぜひこの音色を体験してみてください。チーン♪

スポンサーリンク

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによ ...

便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが ...

-常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.