アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

座位のねじりのポーズは、お腹やウエストの引き締めと腰痛緩和に効果

投稿日:2018年5月11日 更新日:

リラクゼーションヨガのクラスの先生は、レッスン開始前にアロマオイルで軽いマッサージをしてくれます。そういう時間があると、先生とのおしゃべりも楽しみになります。

マッサージ

インストラクターの先生とコミュニケーション

コミュケーションが出来るっていいですね。

ホットヨガ【カルド中洲】へ通っているときは、インストラクターの先生とお話するなんてことは、ほとんどありませんでした。というのも、受付はスタッフの方ですし、レッスンが終わったら、暑くてスタジオから早く出たいと思うので、立ち止まって先生とお話する余裕はありませんでした。

常温ヨガでは、スタジオから飛び出したいということはないですし、ハートワンでは、受付もインストラクターの先生なのでお話することができます。先生もよくお声かけしてくれます。

クラス内容

・運動量低めのリラクゼーションを促すクラス
・優しいポーズを少し長めにキープして心も体も柔軟にします。
・初心者の方や体が硬い人も楽しめるような、ゆったりした動きを中心に行います。

どのクラスでも同じですが、レッスンの始めに短いお話があります。リラクゼーションヨガのクラスの先生が毎回、言われることです。

ヨガの先生
ヨガはポーズの完成を競うものではありません。
はい、自分が出来る範囲でいいんですね。周りを気にしないようにしようと思います。(心の声)

ですが、レッスンが始まるとついついよそ見をしちゃってます。(^^ゞ

レッスンの途中でも、よく声がかかります。

ヨガの先生
早く次のポーズに行かないかなぁと思ってる人は頑張り過ぎてますよ~
ドキっ!はい、そう思ってます!(心の声)

見抜かれてるなぁと思ってしまいます。(^^ゞ

座位のねじりのポーズ

ヨガのねじりのポーズは数多くあります。どのクラスでも、レッスンの始めや終わりによく行うポーズです。

ねじりのポーズは内臓を活性化することができます。

座位のねじりのポーズ

出典:YogaShare

座位のねじりのポーズの進め方

  1. まず、長座の姿勢になります。
    長座
  2. 左足の膝を曲げます。そして、右足の外へおきます。
  3. 右足は膝を曲げて、お尻の近くへ引き寄せます。左右の座骨に均等に体重が乗るように気を付けます。
  4. 右手で左ひざを抱えます。
  5. 左手はお尻の後ろへつきます。ハンズカップ(指先だけマットにつく形)でおきます。
  6. 吸う息で背筋を伸ばします。
  7. 吐く息で左側を向いて、ねじっていきます。この時、お腹の下から胸、肩、首の順番でねじっていきます。
  8. このねじったポーズのまま呼吸を続けます。
  9. 吸う息で背筋を伸ばし、吐く息でねじりを深めていきます。
  10. 1つずつゆっくりポーズを戻して、長座になります。息を吐いて脱力します。
  11. 反対の足も同様に行います。

YogaShareでは、半分の魚の王のポーズ1という名前になっています。

内臓機能を高めるほか、お腹やウエストの引き締め、腰痛緩和にもつながるポーズです。

ねじるときは、雑巾を絞るようなイメージでねじるといいそうです。

しぼった雑巾

今日のレッスンでは、この座位のねじりのポーズのときに先生から指導されました。

肩をやさしく軽く下へ押されました。おそらく「力が入ってますよ、力を抜きましょうね。」という意味だと思います。

どうも、私はどんなポーズのときも肩に力が入っているようです。先生は、見るだけで分かるんですね!それもまた不思議です。

自分では、脱力しているつもりなんです。が、無意識に力が入ってしまうんですね。

一生懸命やればやるほど、力が入ってしまうんですね。脱力って、本当に難しいです。

アドセンス

比較

関連コンテンツ_PC1

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-常温ヨガレッスン リラクゼーションヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.