常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

股関節周りの筋肉を楽にほぐすならボルスターを使ったポーズがおすすめ

投稿日:2018年6月6日 更新日:

ヨガスタジオハートワンの骨盤調整ヨガのクラスに参加するのは、久しぶりになってしまいました。参加者は、以前より増えたようです。このクラスの全身調整のプログラムが人気なのかもしれません。

クラス内容

・運動量低め~中程度のクラス
・上半身と下半身をつなぐ重要な関節である骨盤を中心に、全身の調整を行っていきます。
・骨盤まわりの筋肉をしなやかに保ち、骨盤の歪みや開きを矯正し、腰痛や姿勢の改善、疲れやすい体の改善にも効果があります。

インストラクターの先生の特徴

このクラスが人気なのは、先生によるところも大きいのかもしれないです。ヨガインストラクターの先生はアシストが上手なことはもちろんですが、声も重要な気がします。

インストラクター向きの聞き取りやすい声というのがあるんですね。

特に歳を重ねると、耳も衰えて聞こえも悪くなりますので、このクラスの先生のようにはっきりした声は有難いです。

それと、ポーズとポーズの間の取り方もあると思います。これは、個人の好みもあるかもしれませんが、給水タイムの回数が多い先生、少ない先生がいます。

私はどちらかというと、給水タイムの回数は多いほうが好きです。

ボルスターを使った合蹠(がっせき)のポーズ

骨盤調整ヨガのクラスでは、ときどきプロップス(補助ツール)を使います。今日は、ボルスターを使用しました。

プロップスを使用するときは、レッスン開始前に準備しておきます。ボルスターをヨガマットの横においてレッスンが開始されます。

どこで使うのだろうと思っていたら、レッスンの終盤にボルスターを使った合蹠(がっせき)のポーズを行いました。

ボルスターを使った合蹠(がっせき)のポーズ

ボルスターを使った合蹠(がっせき)のポーズの進め方

  1. 両足の足裏を合わせて、合蹠のポーズをとります。踵(かかと)は、恥骨に近づけるのではなく、脚でひし形を作るようにします。
  2. ボルスターを両足の踵(かかと)に乗せて、恥骨の方へ引き寄せます。
  3. ボルスターの先端は、踵に乗っていて、もう片方の先端は床についている状態です。
  4. 両手の手の平をお尻の横について、背筋を伸ばします。
  5. 息を吐きながら、両手をボルスターの横に移動させ、上体を前に倒してボルスターに額を着けます。
  6. 両手は出来れば、肘までマットにつけてポーズを深めます。
  7. 深い呼吸を続けます。
  8. 上体を起こすときは、ロールアップで起き上がります。
    ロールアップとは、背骨を一本一本積み上げるようにして、頭が最後になるようにゆっくりゆっくり持ち上げていく動作のことです。

ボルスターを使用しない通常の合蹠のポーズに比べると、高さがある分、楽に行うことができます。

星のポーズ

出典:Yoga Share

ボルスターを使った仰向けの合蹠(がっせき)のポーズ

また、ボルスターを使用した仰向けの合蹠(がっせき)のポーズもあります。こちらのほうが他のクラスでも良く行っています。

ボルスターを使った仰向けの合蹠のポーズ

出典:Yoga Share

ボルスターを使用した仰向けの合蹠(がっせき)のポーズについては、以下の記事で紹介しています。

リカちゃんママ ほぐしヨガ
これなら体が硬くても安心!プロップスを使って楽々ポーズ

補助器具を使うと、体が硬い人でも楽にポーズをとることができます。ブロックで高さをつけることで、前屈や後屈も楽にポーズすることができます。無理なく楽しくレッスンできることが、継続できるコツですね。

続きを見る

ボルスターやベルトを使ったリストラティブヨガは無理がなく楽しい

補助用具(プロップス)を使ったヨガをリストラティブヨガと呼ぶそうです。リストラティブ(restrative)とは、英語で修復という意味です。補助用具を使うことで、無理なくポーズをとることができます。

続きを見る

気持ちいいポーズ

どんなポーズも自分の身体が気持ちいいと感じるのがベストなんですね。初めから完成形のポーズを目指そうとすると無理があります。

ボルスターを使ったほうが気持ちイイと感じるのであれば、そのポーズが合っているんですね。

反対にボルスターを使うと、刺激が少なくて物足りないと感じる方もいると思います。

また、その日の体調によっても気持ちいいと感じる度合いは変わります。

股関節周りの筋肉が柔軟になると痩せやすくなる

骨盤周りの筋肉を柔らかくすると、痩せやすくなると言われています。

股関節が柔軟になると、以下のような流れで痩せやすい体を作ることができるということなんですね。

股関節周りの筋肉が柔軟になる

股関節の可動域が広がる

血流が良くなる

代謝が上がる

痩せやすくなる

人間の体って不思議ですね。あちこちが繋がっているんですね。

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.