リカちゃん 美Bodyヨガ

https://fun.cx

ホットヨガレッスン

【テーブルのバランスのポーズ】で体幹(インナーマッスル)を鍛えて姿勢を正そう

投稿日:2017年5月2日 更新日:

「姿勢がいいですね」と、言われたことはありますか?私はこれまで一度も言われたことがありません。

机に向かっていて姿勢よくしているのもつかの間、気がつくと背中が丸くなっています。

背中からお尻、太腿の裏の筋肉は意識して鍛えないとすぐ緩んでしまい、綺麗な姿勢を保つことができなくなります。

綺麗な姿勢を保ちたいなら、体の背面の体幹を鍛える必要があるんですね。テーブルのバランスのポーズは、背面のインナーマッスルを鍛えることができます。

テーブルのバランスのポーズ

今日もキャットスプリットを行いました。このキャットスプリット(テーブルのバランスポーズ)もたくさんのバリエーションがあります。今日のキャットスプリットは比較的簡単な方だと思います。初心者向けかもしれません。

参考キャットスプリットは、トラのポーズテーブルのバランスのポーズとも呼ばれています。同じポーズです。呼び名はたくさんありますね。

背中からお尻、太腿の裏の筋肉は意識して鍛えないとすぐ緩んでしまい、綺麗な姿勢を保つことができなくなるそうです。

綺麗な姿勢を保ちたいなら、体の背面の体幹を鍛える必要があるんですね。

まず、両肩の下に両手首、膝は腰幅に開いて四つん這いになります。足の甲は床につけます。

お腹を引き締めるようにして床と平行になるように保ちます。お腹を引き締まるようにしないと、腰が反ってしまいます。

四つん這いの時、両肘の内側が向かいあうようにすると、手首にロックがかからないそうです。

そして、息を吸いながら片足を後ろへ伸ばします。伸ばした足は、後ろの壁を蹴るようにします。

ヨガの先生

両手はついたまま片足を床から離すだけでもいいですよ。できそうであれば、反対の手を前へ伸ばします。

トラのポーズ

そして、今度は息を吐きながら、伸ばした手と足を縮めて、肘(ひじ)と膝(ひざ)をくっつけます。バービーちゃんは完成形にはなっていませんが、実際は背中を丸めてくっつけます。

肘と膝をくっつけるポーズ

そして、また息を吸いながら、片手片足を伸ばします。これを数回繰り返します。反対も数回行います。決して、勢いをつけて行わず、呼吸に合わせてゆっくり行います。

忘れがちですが、お腹を意識してバランスを保ちます。

テーブルのバランスのポーズ

主な効果

  • 全身の体幹強化
  • 内臓機能の活性化
  • 代謝アップ

ヨガはポーズの完成形をめざすものではない

ヨガはどんなポーズも呼吸と切り離せません。呼吸とポーズで心身のバランスを整えていくからです。必ず呼吸を意識して行います。

また、ゆっくり行うことで血行もよくなっていくとのことです。

どんな時も先生は「このままでもいいですよ。できる方は…。挑戦したい方は…。」と言って、完成形のポーズを強要されることはありません。

自分ができる範囲でいいんですね。自分が気持ちいいと思う範囲でOKなんです。

Good

四つん這いになって、綺麗なテーブルの形のようになるだけでも効果はあると思います。少しずつ難しいポーズに挑戦していけばいいんです。

これもまたヨガのいいところだと思います。私は私、人は人、周りの方の目を気にすることもないです。

完成形ができなくても効果は十分ありますから、今日は今日の私ができる範囲で楽しみましょう♪

私もいつの日か、「姿勢がいいですね。」と言われることを目指して頑張ります。

おすすめ記事と広告
執筆者/はま

-ホットヨガレッスン

© 2021 ヨガと更年期