アドセンスリンクユニット

ホットヨガレッスン ビギナーズヨガ

背中を伸ばすポーズは全身の血液を促進して疲労回復に効果的

投稿日:2017年4月27日 更新日:

ホットヨガ【カルド中洲】ビギナーズクラスは、人気のクラスです。というか、レッスンに参加される方のほとんどが初心者だからかもしれませんね。

クラス内容

ヨガのクラスの中でも強度が低く初めての方でも安心してご参加いただけます。基本的な呼吸法、ポーズをゆっくり丁寧に行うクラスです。

ビギナーズヨガは、ホットなクラスと中温のクラスとあるのですが、今日はホットで60分のクラスです。

女性は特に体調が変わりやすいので、今日の自分の体調に合わせて出来る範囲で、決して無理はしないようにとの話がありました。常に呼吸を意識して行っていきましょうと。

新年度になって新しい人と出会ったり、初めての人に挨拶したりと緊張する場面が増えると、背中が凝るのだそうです。

その背中の凝りをとって、背中の血液やリンパの流れを良くするとリフレッシュできるのだそうです。

背中を伸ばすポーズを2つ紹介します。

下を向いた犬のポーズ

1つは、ヨガの基本中の基本のポーズ、下を向いた犬のポーズですね。疲労回復には最適のポーズだと言われています。ダウンドッグや、顔を下に向けた犬のポーズとも呼ばれています。このポーズは、太陽礼拝でもありますし、どのクラスでもよく行うポーズです。
なのに、未だに私はこのポーズの時にアシストされます。今日も、お尻を少し後ろへ引かれました。お尻を上へ持ち上げられたりもします。自分では、本当にバッチリ決めているつもりなんですが…。

このポーズ、足の踵を床につけることが出来ない人も多いです。というのも、太腿(ふともも)や脹脛(ふくらはぎ)がかなり伸ばされるんです。首、背中、腰も伸びますが、足も伸びます。

考えると身体の後ろ側全体を伸ばしてる感じですね。

完成形がまだ出来ない人は、少しでも近づくためには以下のことを行うといいようです。

  • 手と足の間隔を少し広めにしておいて、ポーズをした後、一歩ずつ足を手のほうへ近づける。
  • 四つん這いから、腰を高く上げて膝(ひざ)を曲げて足のつま先で立って、息を吐きながらゆっくり踵(かかと)を床へ近づけるようにする。
  • 片足ずつ膝(ひざ)を曲げて足踏みをする。アキレス腱を伸ばす感じ。その後、両足の足裏を床につける。

片足ずつ膝(ひざ)を曲げて足踏みをするストレッチは、ウォーキングダウンドッグと呼ばれるものです。

リカちゃん アロマヨガ
ウォーキングダウンドッグで脹脛(ふくらはぎ)のストレッチ

ウォーキングダウンドッグは、脹脛(ふくらはぎ)をゆっくりじっくり伸ばすことができます。ストレッチした後は、踵(かかと)を床につけやすくなります。ピッタリつけることはできなくても、1回目より明らかにつけやすくなっています。ゆっくり片足ずつ、しっかりストレッチするのがコツです。

続きを見る

リカちゃん ビギナーヨガ
【ウォーキングダウンドッグ】で脹脛(ふくらはぎ)伸ばし

下を向いた犬のポーズの完成形は、綺麗な三角形をしているのですが、自分でやるとなかなか綺麗にはできません。まず、踵をマットにつけるのさえ難しいです。ですが、ウォーキングダウンドッグを行った後は、1回目よりずいぶん楽に踵をつけられるようになります。

続きを見る

顔を↓に向けた犬のポーズ

出典:YogaShare

ダウンドッグ

猫の背伸びのポーズ

もう1つ、背中を伸ばすポーズと言えば、猫が背伸びしているようなポーズ、猫の背伸びのポーズがあります。

YogaShareでは、伸びた子犬のポーズとなっていますね。このポーズも背中を伸ばして、肩こりや首こりをとってくれます。四つん這いになって、お尻は膝の真上の位置のままにして、少しずつ両手を前に伸ばしていきます。

おでこもいいですし、出来る場合は、胸や顎(あご)を床につけます。このポーズも気持ちがいいと思うところ、深い呼吸ができるところでストップです。

ヨガを習い始めた頃、このポーズをすると肩が痛かったのですが、最近は痛いと思うことはすっかりなくなりました。

リカちゃんママ リラックスヨガ
【猫の背伸びのポーズ】(伸びた子犬のポーズ)はまだ肩が痛い

猫の背伸びのポーズというのがあるのですが、本当に猫が背伸びしてるようなポーズをするんですね。他のクラスでも、時々行うことがあります。このポーズ、両肩がビリビリします。私の場合、気持ちいいより、まだ痛いです。猫は、本当に気持ちよさそうにやってますけどね。

続きを見る

本当にヨガを1年継続すると体の変化に気づくことが多くなりますよ。それも嬉しい変化です♪

猫の背伸び

この猫の背伸びのポーズのお手本は、やはり猫ちゃんですね。本当に気持ちよさそうに伸びますからね。

猫の背伸び

背中の凝りをとって、リフレッシュすると前向きになれます。深い呼吸やポーズに集中することで頭もクリアになります。ヨガをとおしてマイナスの感情を吐き出して、心も体もリフレッシュしませんか?

関連猫の背伸びのポーズについては、以下の記事でも紹介しています。

リカちゃん リラックスヨガ
猫がお手本【猫の背伸びのポーズ】で背中と脇下を伸ばして肩凝り緩和

デスクワークを長時間続けると、肩も首もガチガチに凝ってきます。椅子に座ったまま背伸びするだけでも、ちょっと楽になりますねが、その背伸びを猫の背伸びのように、四つん這いで行うと本当にリフレッシュすることができます。

続きを見る

【猫の背伸びのポーズ】は額(ひたい)をつける?顎(あご)をつける?

どのクラスでもよく行うポーズに、猫の背伸びのポーズというのがあります。背中を伸ばした時に、額(ひたい)か、顎(あご)を床につけるのですが、額(ひたい)か顎(あご)では、ずいぶん違います。顎(あご)をつける方がハードです。より背中が伸びます。

続きを見る

リカちゃん 骨盤調整ヨガ
【猫のポーズ】で自律神経を整えよう!三寒四温の時期は特におすすめ

ヨガには猫のポーズというのがあります。牛のポーズと交互に行うので、キャット アンド カウとも呼ばれています。このポーズを深い呼吸ととともにゆっくり丁寧に行うことと、背骨を上下にしなやかに動かすことで自律神経を整えることができるそうです。

続きを見る

アドセンス

比較

推奨より快適なレッスンを受けられるように準備しましょう。

関連コンテンツ_PC1

おすすめ記事と広告

-ホットヨガレッスン ビギナーズヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.