常温ヨガレッスン ベーシックヨガ

ヨガベルト(タオル)を使った【サギのポーズ】で足の浮腫みを解消

投稿日:2017年12月18日 更新日:

ヨガでは、ポーズをとるときに補助ツールを使うことがあります。ブロックや、ベルトローラーブランケットボルスターなどがあります。また、この補助ツールのことは、プロップスとも呼ばれます。英語では、PROPSと書くんですね。支柱、つっかい棒、小道具という意味があるそうです。

ホットヨガでは、プロップスを使うことはありません。汗拭き用のタオルをベルトの代わりに使うことはありましたが。補助ツール(プロップス)は、主に常温ヨガのレッスンで使うのだと思います。

クラス内容

・ヨガの基本的なアーサナを1つ1つ丁寧に行うクラス。
・深い呼吸とともに、ヨガのポーズを楽しみながら、体のゆがみを整えていきます。
・座位から、後半は少し立位のポーズも入りますが、初めての方でも無理なく動けるクラスです。

今日のレッスンでは、ベルトを使った2つのポーズを行いました。サギのポーズ牛の顔のポーズです。いつも、レッスン前に先生から指示されたツールをスタジオの後ろにある棚から、各自ツールを取り出してヨガマットの横に置いています。

ヨガの先生
次はベルトを使います。

先生がレッスンの途中でプロップスを使うと言われると、ホッとします。やはり、補助ツールを使うと、ポーズが楽なんですね。だから、気持ちも楽になります。CORCOPI ヨガベルト ヨガストラップ 180㎝ ピンク エクササイズ ベルト 安定感抜群 プロップス の 定番

ベルトを使ったポーズは、タオルでも代用することができます。

ベルトを使ったサギのポーズ

サギのポーズとは、下の画像のようなポーズが完成形です。

サギのポーズ

出典:Yoga Share

ベルトを使ったサギのポーズの進め方

  1. 長座の姿勢(お尻を床につけて両足を前に伸ばした姿勢)になります。右足の膝を曲げて立てます。
  2. ベルトを右足の足裏に置きます。両手でベルトをつかみます。ベルトは短めでいいです。
  3. 背筋を伸ばしたまま、ゆっくり右足を膝を伸ばしたまま上げていきます。
    ベルトを使ったサギのポーズ
  4. 背筋は真っ直ぐにしたまま、深い呼吸を続けます。出来るなら、右足裏にひっかけているベルトを手前に引っ張るようにして足裏を気持ちよく伸ばします。
  5. 息を吐きながら、右足を下します。
  6. 反対の足も同様に行います。

このサギのポーズは、思わず肩に力が入ってしまいがちになりますが、出来るだけ肩はリラックスさせます。足裏全体をじわ~っと伸ばすことができます。脹脛(ふくらはぎ)の引き締め効果も高いそうです。足が浮腫みやすい人にはおすすめのポーズです。

今は完成形のサギのポーズには程遠いですが、少しずつ柔軟性がつくとベルトやタオルなしでも出来るようになるそうです。

牛の顔のポーズ

もう一つは牛の顔のポーズのときにベルトを使いました。牛の顔のポーズとは、背中で右手と左手を繋ぐポーズです。

牛の顔のポーズ

出典:Yoga Share

右手が上で左手が下からだと、どうにか指先に触れることができるぐらいなのですが、左手が上で右手が下からだと、まったく離れたままです。

だから、補助ツール(ベルト)を使うと無理なくポーズを行うことができます。両手でつかんだベルトを引き合うようにしてポーズをキープします。
タオルを使ってポーズ

以下の記事でも紹介しています。

バービーちゃん リラックスヨガ
背中で右手と左手を繋ぐことってできますか?

牛の顔のポーズでは、肩の上と腰から背中へ回した両手をつなぐのですが、私は右も左も背中で手を繋ぐことができません。どんなに頑張っても、届きません。かなり離れています。できない場合は、タオルを使って練習するといいそうです。肩こりや冷え性に効くポーズです。

続きを見る

肩関節周りをほぐすと、身体がぽかぽかしてきます。血流が良くなるんでしょうね。

長時間のデスクワークでは、肩周りはガチガチになってしまいます。肩関節周りが固まってしまうと、四十肩や五十肩になって辛い思いをしてしまうかもしれません。

肩が動かせるうちに、十分に動かして可動域を広げて、固まらないようしてくださいね。五十肩になって苦しんだ私からのアドバイスです。(^-^)

右肩こり
右五十肩はある日突然やってきて日常生活に支障が

突然、本当に突然、右腕が上がらなくなりました。ブラジャーの留め具を留めることができないのです。腕を上げられないことで日常の生活に支障がでます。服を脱ぐのも着るのも痛い、時間がかかる。ビンやペットボトルの蓋も開けられなくなりました。

続きを見る

左肩こり
左五十肩と頚椎症で肩も上がらないし首も回らない

まさか、また五十肩を発症するとは!右の五十肩で苦しんで、やっと解放されていたのに、左肩も発症するなんて!ショックでした。症状から すぐに五十肩だと判断できました。2度目ですからね。そして、月日が経てば治るんだという確証もありました。

続きを見る

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン ベーシックヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.