常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

呼吸に合わせた合蹠(がっせき)の腰上げのポーズで骨盤調整

投稿日:2018年1月3日 更新日:

骨盤調整ヨガのクラスは、難しいヨガのポーズに挑戦するというより、ストレッチをしながら自分の身体を観察するようなクラスです。このクラスの身体全体を調整するプログラムは本当によく出来ていると思っています。

右だけ、左だけを一連の動作でほぐしたり伸ばしたりするのですが、明らかに左右の違いを感じることができます。この一連の動作を覚えて自宅でも行うと効果も早く出るそうなんですが、恥ずかしながら自宅では一度も実行できずにいます。

ヨガスタジオハートワンでは、今年最初のクラスでした。参加者は少ないかなぁと思ったのですが、意外と多かったです。皆さん熱心ですね。

クラス内容

・運動量低め~中程度のクラス
・上半身と下半身をつなぐ重要な関節である骨盤を中心に、全身の調整を行っていきます。
・骨盤まわりの筋肉をしなやかに保ち、骨盤の歪みや開きをアシストし、腰痛や姿勢の改善、疲れやすい体の改善にも効果があります。

ベルトを使って上半身を伸ばしたり、仰向けの状態で体を調整する一連の動作が終わったあと、合蹠(がっせき)の腰上げのポーズを行いました。

両手を合わせることを合掌(がっしょう)、両足の足裏を合わせることを合蹠(がっせき)と呼びます。

合蹠(がっせき)の腰上げのポーズ

合蹠のポーズ

出典:Yoga Share

合蹠の腰上げのポーズ

合蹠(がっせき)の腰上げのポーズのやりかたです。

  1. 仰向けに寝て、両手は手の平を床に向けます。両足の足裏を合わせます。この両足の足裏を合わせることを合蹠(がっせき)と呼びます。
  2. 一度、大きく息を吸います。そして、息を吐きながら、足裏は合わせたまま、ゆっくりお尻を上げていきます。
  3. お尻(腰)を上げたままの状態で、ゆっくり息を吸って、吐いて、吸って、吐きながらゆっくりお尻(腰)を床へ下ろします。決して、お尻をドスンと落とさないように気をつけてください。
  4. これを4回繰り返します。

この合蹠(がっぜき)の腰上げのポーズは、股関節を柔軟にすることができます。また、腹部の内臓機能を高め、生理痛の緩和にも効果的だそうです。

ヨガと呼吸

どんなポーズのときも、呼吸は大事です。呼吸にポーズを合わせるようなイメージがいいそうです。ポーズの時、力がはいると、つい呼吸を忘れがちになります。

呼吸をすることで、無駄な力も抜くこともできるので、呼吸が上手にできると、ポーズもうまくできるということがああります。呼吸と仲良しにならないといけないんですね。

ヨガの先生
吸ってぇ~。吐いてぇ~。

教室では、先生のの声に合わせればいいのですが、自宅で一人でやるときは、呼吸を忘れてしまってることがあります。ヨガをする前には、教室でやっているのと同じように、まず安楽座になって、「吸ってぇ、吐いてぇ」と何度か深く長い呼吸を繰り返して、呼吸を意識することから始めたほうがいいようです。

呼吸って意識するだけでも効果があるのだそうです。意識するだけで、呼吸の速さはゆっくりになります。

ゆっくり呼吸することで、副交感神経が優位になって、緊張が取り除かれてリラックスできるのだそうです。

呼吸だけなら、いつでもどこでもできますね。ぜひ!

スポンサーリンク

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによ ...

便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが ...

-常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.