ヨガについて

ホットヨガを始めたきっかけ

投稿日:2016年6月7日 更新日:

50歳ごろから体調不良が続くようになりました。

レディースクリニックに通って更年期障害の治療を開始しました。

医療
更年期障害の治療は飲みますか?打ちますか?貼りますか?塗りますか?

レディースクリニックで、更年期障害の相談をした時、ドクターから「飲みますか? 打ちますか? 貼りますか? 塗りますか?」と聞かれ驚きました。更年期障害の治療は、実にさまざまな治療法があるので、ドクターとしっかり話をして自分に合う治療法を見つけて下さい。

続きを見る

仕事を続けるためにも何か運動しなきゃいけないなぁと思っていたのですが、

ヨガレッスンへ参加

東京に住んでいた時、自宅近くに区の体育館があって、そこのヨガレッスンに参加してみることにしました。ホットヨガではなく常温のヨガです。

リズム感ゼロ、腹筋ゼロの私でも、どうにかついていけそうな感じでした。

運動が苦手な私でもヨガはできる!と思ったのです。

そもそもヨガって某宗教団体のイメージが強く、それまでずっと敬遠していたのですよ。

瞑想

ヨガは自宅にいても出来そうですが、なかなか一人では1時間もやれませんよね。

先生と一緒だから、みんなと一緒だから、スタジオだから、やれるのだと思います。

この体育館では、ヨガも初心者向け、上級者向けがあったのですが、私はもっぱら初心者向けです。

初心者クラスでも、すべてのポーズを綺麗にできません。

時々、先生が会場内を回って、ポーズをアシストされるのですが、ほんのちょっと腰や足の位置をずらされただけで、「ギョエーー!」というほど、痛いのです。

ヨガの先生は、何人かいらっしゃいましたが、やっぱり合う先生、合わない先生がいます。

先生を好きになれるかどうかは、継続できるかできないかの大きな要素になると思いますね。

数か月は、土曜か日曜のどちらかは、ヨガへ通っていました。

左の五十肩を発症

週に一回は通っていたのですが、なんとその途中で左の五十肩になってしまい、中断してしまいました。

たとえ左腕が上がらなくても続けたほうが良かったのかもしれませんが、ロッカー室での着替えも苦痛なので、行かなくなってしまいました。

個人差もあると思いますが、五十肩は酷くなると、生活に支障がでてしまいます。

引っ越し

左の五十肩が1年ほどで痛みが消えたので、また体育館でのヨガへ参加していたのですが、諸々の事情があり東京から福岡へ引っ越すことになりました。

この東京でのヨガ体験があったので、ヨガには興味がありました。

博多でも何かないかしらと探していたら、最近オープンしたばかりのヨガ教室をみつけたので、体験レッスンを申し込んだ次第です。

リカちゃん ヨガ
初めてのホットヨガ体験

ネットで検索して、近所のホットヨガ教室を見つけました。体験して決めようと思ったのが カルド(CALDO)中洲です。持参するものなどを確認して体験レッスンの予約をして参加しました。想像以上に爽快でした!

続きを見る

推奨管理人一押しのヨガマットです。「ヨガマットの選び方ガイド」も参考になります。

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-ヨガについて

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.