常温ヨガレッスン アロマヨガ

【ねじった椅子のポーズ】で下半身の体幹強化と内臓の活性化

投稿日:2018年1月6日 更新日:

今日のアロマもローズマリーでした。ブレンドなしです。

アロマの香り

アロマの香りって、体調の良いときと悪いときと変わるらしいのですが、ヨガレッスンの始めと終わりでも変わるんですね。

レッスン開始の時は、はっきりローズマリーだと分かるくらいだったのですが、レッスンの終わりには、香りを感じなくなっていました。これが、良い兆候なのかどうかは分かりませんが、今日の私はそう感じたということです。

レッスンが開始後、すぐに仰向けになってアロマの香りを吸い込んでリラックスします。レッスンの終わりにも、同じように仰向けになって香りを感じるように言葉かけがあります。アロマのクラスでは、毎回香りの楽しみもあります。

クラス内容

・精油(アロマオイル)を焚いた空間で呼吸をたっぷり入れるようなポーズを行う。
・嗅覚は脳へ直接届き、自律神経や免疫にも働きかける。
・季節や環境にあった精油(アロマオイル)を選びクラスを行う。
・体をほぐしながら、リラクゼーションを高めます。

ヨガスタジオハートワンのアロマヨガのクラスは、アロマのクラスだからと言ってリラックスのポーズばかりを行っているクラスではありません。今日のレッスンでも、体幹強化となるポーズをいくつも行いました。

ねじった椅子のポーズ

ランジのポーズはもちろんですが、今日のレッスンでは終わりのほうにねじった椅子のポーズを行いました。椅子のポーズだけでも、体幹強化にもなるのですが、上体をねじることで内臓も刺激します。下半身の体幹強化とともに、内臓を活性化させることのできるポーズです。

ねじった椅子のポーズ

出典:Yoga Share

ねじった椅子のポーズの進め方

  1. 足の指をしっかり開いて、握りこぶし一個半ぐらいの幅で立ちます。
  2. 両手は腰に添えておきます。
  3. 膝(ひざ)を軽く曲げて、後ろに椅子があって、その椅子に座るようなイメージで、背筋は伸ばしたまま骨盤を後ろへ引いていきます。
  4. 両手を前へ出して、上へ向けて伸ばします。キープします。 
    椅子のポーズ

    出典:Yoga Share

  5. そして、胸の前で合掌します。両手を合わせます。
  6. 両手を合わせたまま、上体を左へねじって右肘を左の膝の上におきます。できるだけ両手が胸の中央になるようにします。視線は天井です。深い呼吸を続けます。
    ねじった椅子のポーズ

    出典:Yoga Share

  7. 1つずつポーズを戻して、反対側も同じように行います。

はっきり言って、私はまだ完成形のポーズには、ほど遠いです。両手を胸の中央の位置に持ってくるのは難しいです。右ひじを左ひざに置くので精一杯ですから。両手を胸の中央に持ってくるには、ねじりも深くできないと難しいと思います。

それでも、このポーズの後は、とてもスッキリした気分になれます。お腹やウエスト周りを引き締めてくれる効果も高いポーズです。

ヨガでは、ねじるポーズもよくあります。ねじることで内臓の調整、活性化につながり、消化不良や胃炎の緩和にもなるそうです。決して勢いをつけてねじるのではなく、呼吸に合わせてゆっくりとおこなうのがコツです。息を吸うときに背筋を伸ばし、息を吐くときにねじりを深めていきます。

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン アロマヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.