アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン リストラティブヨガ

ボルスターに仰向けにもたれるだけで、胸を開いてストレス解放

投稿日:2018年2月11日 更新日:

リストラティブヨガのクラスは一週間に2回組まれています。最近、クラスが増やされたようです。参加される方が増えているのかもしれません。

通常のヨガレッスンは、数時間後に猛烈な眠気に襲われたり、翌日、気怠くなることがあります。日常の生活では、やるべきことも多く、眠いからといって眠ってばかりもいられません。

その点、リストラティブヨガは筋肉を弛緩することが目的で、姿勢にも無理がないので、通常のヨガと比較すると身体への負担が少ないです。

そのため、レッスン後も普段通りの行動ができます。もちろん、多少は股関節や筋肉の伸びを感じますが、通常のヨガほどではありません。

クラス内容

・「リストラティブ=心身回復」を目的とします。
・ブランケット、ボルスター、ベルトなどの「補助用具」を使用。全身の力を抜いた無理のない姿勢でゆっくりとポーズをとります。
・ほぼ静止の状態ですが、適切なポーズをとることで、筋肉をじわじわと伸ばし、疲れた身体、心、神経を鎮め、深いリラックス状態へ導きます。

今日も多くのプロップス(補助ツール)を使って、レッスンを行いました。その中でも、ボルスターを使った胸を開くポーズは、私のお気に入りです。

通常のヨガレッスンの開始前もボルスターをスタジオの棚から引っ張り出して、しばらくの間、胸を開くポーズをしています。
ボルスター ピンク プラム

ボルスターというのは、高さが15センチほどあります。このボルスターの高さがちょうどいいんですね。硬すぎず、柔らかすぎずのクッションのようなボルスターに身体を委ねているだけです。両手は左右に開いて、全身の力を抜いて横たわっているだけです。

ボルスターを使った胸を開くポーズ

ボルスターを使った胸を開くポーズ

出典:YogaShare

ボルスターを使った胸を開くポーズの進め方

  1. ボルスターをヨガマットの上に平行におきます。
  2. ボルスターの前にお尻をくっつけて、後ろのボルスターを両手で支えるようにして、ゆっくりボルスターにもたれていきます。
  3. 頭の位置などを調整した後に、両手を左右に開きます。手の平は上に向けます。
  4. すべての力を抜いて、この状態のまま数分間キープします。
    ボルスターを使った胸を開くポーズ
  5. 終了時は、ボルスターから体をすべらすようにして、ゆっくり横に倒れます。
  6. そして、床に手をついて頭が最後になるようにゆっくり上体を起こします。

私は、頚椎症のため首は要注意です。首を持ち上げるようなポーズをすることができません。

通常のヨガでは、胸を開くポーズと言えば、お魚のポーズが有名ですが、このポーズは首に負荷がかかります。

今は、このお魚のポーズも少し出来るようになりましたが、ドキドキしながら行っている状態です。

お魚のポーズ

出典:YogaShare

バービーちゃん ゆるヨガリラックス
【お魚のポーズ】は首に注意!胸を開くことができるポーズ

お魚のポーズは、手の平は床に向けてお尻の下へ置きます。胸を上げて、そして首を床へ伸ばしていくのですが、その時に首の後ろが「いたっ」となってしまいました。左の首が痛くて後ろへ倒すことができませんでした。首を痛めている人は、要注意のポーズです。

続きを見る

首に負担をかけずに胸を開く

リストラティブヨガでボルスターを使った胸を開くポーズは、まったく首に負担がかかりません。安心してポーズをとることがでできます。

ボルスターに体を委ねて両手を広げている時間がかなり長いので、じわじわ効いてくる感じです。胸を開くことが難しい方も、ボルスターを使ったポーズがおすすめです。

胸を開くことが出来るようになると、呼吸が楽になります。呼吸が楽に深くなると、血流も良くなります。

胸を開くことができる

姿勢が良くなる

深い呼吸ができる

多くのエネルギーを取り込む

血流が良くなる

ボルスターは、購入しなくても、自宅にあるクッションや枕でも代用することができると思います。15センチほどの高さになるように重ねたりして工夫するといいですね。

もし、代用できるものがあれば、その上に横たわって、両手を左右に広げた状態で10分ほどくつろいでみてください。

ストレスから解放されるかもしれません。

アドセンス

比較

推奨管理人一押しのヨガマットです。「ヨガマットの選び方ガイド」も参考になります。

関連コンテンツ_PC1

おすすめ記事と広告

-常温ヨガレッスン リストラティブヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.