https://fun.cx

常温ヨガレッスン

【扇のポーズ】は肋骨周りのストレッチ!全身に酸素が巡って気分スッキリ!

投稿日:2018年2月26日 更新日:

病気ではないのに何かスッキリしない。どんよりした気分の時があります。こういう時は、早くヨガに行きたい!と思ってしまいます。

自宅ですぐにヨガをすればいいのですが、自宅ではなかなかやらないんですね。全くしないわけではありませんが、10分も続けられません。すぐにやめてしまいます。

私がヨガをするというのは、ヨガ教室へ行くということなんです。

扇のポーズは、身体も気分もスッキリするポーズです。

扇(おうぎ)のポーズ

扇のポーズ

扇のポーズの進め方

  1. 左足は伸ばして、右足は膝を曲げてかかとを恥骨へ近づけます。右足のかかとは体の中心になるようにおきます。
  2. 伸ばした左足のつま先は床に垂直になるように立てます
    扇のポーズにはいる前
  3. 左手で左足の親指を持ちます。人差し指と中指で左足の親指をひっかけるようにします。できなければ、左手は、膝(ひざ)においてもかまいません。
  4. 息を吸いながら、手の平を上に向けた右手を上に向けて伸ばします。
    扇のポーズ
  5. 息を吐きながら、右手を真横に倒します視線はできるだけ天井へ向けます
    扇のポーズ
  6. 上体が前に倒れないように気をつけて、胸を開くようにします。右のお尻も浮かないようにします。
  7. 深い呼吸を続けます。
  8. ゆっくり元へもどして、反対側も同様に行います。

扇のポーズの主な効果

  • 左右の体側伸ばし
  • 肋骨周りの筋肉のストレッチ
  • 胸を開く

深く曲げようとすると、お尻も浮いて前のめりになってしまいます。それより、曲げるのは少しでもいいのでできるだけ真横に倒して、腕は耳に触れるぐらいにします。

天井を見るようにすると、より胸を開くことができます。

扇のポーズは、脇腹と背中を気持ちよく伸ばすことができます。脇腹を伸ばすことで肋骨周りのストレッチになります。そのため、深い呼吸がやりやすくなって、全身に酸素が送られて脳も体もスッキリします。

椅子に座ったまま、腕を伸ばして真横に倒すだけでも体側を伸ばすことができます。体側は普段あまり伸ばすことがないので、意識して伸ばすようにするといいですね。

気分転換したいというときも体側伸ばしはおすすめです。

体側を伸ばすポーズとしては、ブロックを使った方法もあります。

【ブロックを使った体側伸ばしのポーズ】はキープが楽にできる

ヨガではブロック(補助ツール)を使ってポーズを行うことがあります。はじめっから完成形のポーズを目指すより、補助ツールを使って無理なく行うことも大切です。呼吸ができないくらい踏ん張るより、楽な姿勢で呼吸ができるポーズを心掛けるようにします。

続きを見る

ヨガレッスン後はトイレへ直行

余談ですが、ヨガレッスンが終わると、トイレへ直行することが多いです。

レッスン前にトイレへ行っててもです。

レッスン中に多くの水分を摂取しているわけでもないのですが。

ヨガレッスンで、内臓も刺激されて動きだすようで、ちょっと詰まっていたお腹もスッキリします。

ヨガで血行が良くなって身体も脳もスッキリするのですが、便通も良くなって晴れ晴れとした気持ちになります。
スッキリ

おすすめ記事と広告
執筆者/はま

-常温ヨガレッスン

© 2021 ヨガと更年期