常温ヨガレッスン アロマヨガ

座位のツイストのポーズで腸のデトックス!内臓を刺激して老廃物も流す

投稿日:2018年3月31日 更新日:

今日のヨガレッスンは、どうしようかなぁとちょっと悩むこともありますが、行ってレッスンを受けると、やっぱり行って良かったなと思います。なぜなら、整体へ行ったのと同じくらいの心地よさがあるからです。

今月のアロマヨガのクラスでは、シトロネラがブレンドされるようです。今日は、シトロネラとゼラニウムの2種のブレンドでした。

シトロネラは、虫をよせつけない効果があるそうです。そいういうアロマもあるんですね!虫を寄せ付けないなら、ベランダや玄関に欲しいぐらいです。

クラス内容

・精油(アロマオイル)を焚いた空間で呼吸をたっぷり入れるようなポーズを行う。
・嗅覚は脳へ直接届き、自律神経や免疫にも働きかける。
・季節や環境にあった精油(アロマオイル)を選びクラスを行う。
・体をほぐしながら、リラクゼーションを高めます。

春は、デトックスに向く季節なのだそうです。ということで、今日はデトックス効果の高いねじりのポーズを多く行いました。そのうちの2つ、レッスンの最初ウォーミングアップの時とレッスンの終盤クールダウンの時に行なったポーズです。

吉祥座(きっしょうざ)のねじりのポーズは、安楽座の姿勢で行います。レッスンの始めなので、まだ軽いねじりのポーズです。

吉祥座(きっしょうざ)のねじり

吉祥座のねじり

出典:Yoga Share

吉祥座のねじり

吉祥座(きっしょうざ)のねじりの進め方

  1. 安楽座になります。右手をお尻の後ろにカップハンズの形で置きます。
  2. 左手は右足の膝におきます。
  3. 息を吸いながら、背筋を伸ばします。カップハンズにした右手で床をしっかり押すと、自然と背筋がまっすぐになります。
  4. 息を吐きながら、右肩を引いて右後ろへねじります。
  5. 深い呼吸を続けます。吸う息のときに背筋を伸ばし、吐く息の時にねじりを深めます。
  6. ゆっくり正面を向いて、反対も行います。

終盤に行なったのは半分の魚の王のポーズです。吉祥座のねじりのポーズに比べると、ねじりは深くなります。

半分の魚の王のポーズ

半分の魚の王のポーズ

出典:Yoga Share

半分の魚の王のポーズの進め方

  1. 長座(ちょうざ)の姿勢になります。両足を前に出した姿勢です。
    長座
  2. 左足を右足の外へおきます。足先は斜め前に向くようにします。
  3. 右足の膝を曲げて、お尻のほうへ近づけます。左右の座骨をマットにしっかり立てます
  4. 左手はお尻の後ろへつきます。右手は立てている左膝の外側におきます。
  5. 肘と膝で押し合うようにします。難しいようであれば、膝に手を置くだけでもいいです。
    半分の魚の王のポーズ
  6. 息を吸いながら背筋をのばして、息を吐きながらねじりを深めます。
  7. お腹の底から雑巾を絞るようなイメージでツイストします。肩の力を抜いて、キープします。呼吸を続けます。
  8. ゆっくり正面を向いて、手足を解放します。
  9. 反対の足で同じように行います。

このポーズは、かなり深いねじりになります。呼吸を忘れがちになりますが、吸って上へ伸びて、吐いてねじることをしっかり意識します。

ねじるときは、お臍(へそ)の下からねじって、胸、肩、首の順でツイストしていきます。けっして、首だけをねじらないようにします。

このポーズのときに、先生にちょっとアシストされました。もっとねじれるんですね。ほんのちょっとだけ先生に触れられるだけで、大きく変わるから不思議です。

このポーズは、お腹全体、特に肝臓や腎臓を活性化してくれるポーズです。だから、老廃物を流しやすくなり、腸のデトックスにつながるんですね。便秘解消にも効果があります。

やってみるとわかるのですが、背中の筋肉もかなり刺激されます。背骨や背中のストレッチにもなるポーズです。

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン アロマヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.