https://fun.cx

ホットヨガレッスン

【太鼓橋のポーズ】は腰を上げてお尻の穴をギュッと絞めてキープ

投稿日:2016年12月13日 更新日:

身体の硬い人にとっては、ヨガレッスンに参加するのは勇気がいるかもしれませんね。

ポスターなどでみるポーズは程遠いように感じるかもしれませんが、決して難しいポーズばかりではありません。これがポーズなの?と思うようなものもあります。

私も自分では身体は柔軟な方だと思っていたのですが、ヨガを始めてみると、いかに硬いかということを実感しました。今、少しずつ柔軟になっているような気がします。まだまだですが。

おすすめコラムホットヨガは体が固くてもできるの?

太鼓橋のポーズ

太鼓橋のポーズを紹介します。

まず、床に仰向けになります。足はお尻の近くに寄せて肩幅に広げます。両手は身体の横に手の平を下にしておきます。

そのまま、腰を上げていきます。この時、先生から声がかかります。

ヨガの先生

お尻の穴をぐーーっと絞めるようにしましょう。

顎(あご)は鎖骨近づけるようにします。

YogaShareでは「橋のポーズ」となってます。

橋のポーズ

太鼓橋のポーズの主な効果

  • 脚の強化
  • 肩こりの緩和
  • 呼吸機能を高める
  • お尻の引き締め
  • 腹筋の強化

先生はできる人だけでいいと言われますが、太鼓橋のポーズの最後は、肩甲骨を寄せて両手を背中の下で組みます。

太鼓橋のポーズ

これは、意外とみなさん、できるようです。私も頑張って手を組みます。

このポーズをじっくり行うんですね。私には、すごく長く感じます。

このポーズ、お尻の筋肉がビリビリします。お尻の穴を絞めるとなおさらビリビリします

膝の間も空きやすくなるのですが、開きすぎないように気をつけます。

お尻の穴を絞めるようにすると、膝も開きにくくなるようです。

手を離して、お尻を床につけるときもゆっくりゆっくりです。

このポーズは、腰痛や肩こりの緩和になるそうです。私としては、かなり体幹強化にもなると思っています。

ヨガレッスンが終わると、いつも姿勢が良くなったような気になるのですが、自宅に戻ると...ダメですね。背中が丸くなっています。家にいても姿勢を意識するようにしないといけませんね。

家の中でもヨガは楽しむことができます。道具も何も要らない畳一畳あれば、ヨガはできますものね。

橋のポーズは、尿漏れ防止にもなります。

尿のちょい漏れを防止!骨盤底筋を鍛える【橋のポーズ】が効果あり

骨盤底筋を鍛えると、尿漏れや頻尿の改善につながるそうです。骨盤底筋とは、骨盤内の臓器を支えている筋肉のことで、出産や加齢によって緩みやすくなるのだそうです。また、立ち仕事が多い方も緩みやすいとのことです。

続きを見る

おすすめ記事と広告
執筆者/はま

-ホットヨガレッスン

© 2021 ヨガと更年期