常温ヨガレッスン | ヨガと更年期

リカちゃん アロマヨガ

ウォーキングダウンドッグで脹脛(ふくらはぎ)のストレッチ

ウォーキングダウンドッグは、脹脛(ふくらはぎ)をゆっくりじっくり伸ばすことができます。ストレッチした後は、踵(かかと)を床につけやすくなります。ピッタリつけることはできなくても、1回目より明らかにつけやすくなっています。ゆっくり片足ずつ、しっかりストレッチするのがコツです。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

【仰向けのねじりのポーズ】で内臓調整と腰痛、肩こりの緩和

深いねじりなので、内臓を刺激して消化機能も高めてくれるポーズです。脇腹の筋肉も刺激するので、ウエストの引き締めにも効果的ですね。このポーズは、時々 自宅でも行うのですが、肩や腰が軽くなって気持ちがスッキリします。気分転換したいときなどにおすすめのポーズです。

リカちゃんママ リストラティブヨガ

ボルスターを使った開脚ポーズでリラックスしながら股関節ストレッチ

リストラティブヨガのクラスでは、体幹強化となるようなポーズはありませんが、体をリラックスさせるのには、とてもいいクラスです。体の力を抜くって、出来そうで出来ないんですよね。だから、プロップスを使って体を委ねることで、力を抜きやすくなります。

三角のポーズの効果は盛沢山!脇腹を伸ばすと血流が良くなり気分爽快

三角のポーズの効果は、非常に多いです。消化器系の機能改善や向上、腰痛や肩こり、首の痛みを緩和、体幹や足の強化、ストレスの軽減などがあります。実際に行なうと、体幹強化よりストレッチ効果が高い気がします。脇腹を気持ちよくストレッチすることができました。

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

片足前屈のポーズはハムストリングス(太もも裏)がめっちゃ伸びる!

ヨガでは、様々なポーズをとることで普段使わない筋肉をほぐしたり伸ばしたりします。体の滞り(とどこおり)をなくし、血流を良くします。片足前屈のポーズは、足裏全体、特にハムストリングス(太もも裏)を伸ばすことができます。無理をしないで、痛いけど気持ちいいというところでキープします。

リストラティブヨガって超気持ちいい!プロップスを使ってリラックス

リストラティブヨガで使う補助道具のことをプロップスと呼びます。リストラティブヨガでは、多くのプロップスを使用します。一つのポーズにかける時間が長いです。プロップスを使うと、無理なく安定させることができるので、ポーズをキープしやすくなります。

リカちゃんママ アロマヨガ

【ねじった椅子のポーズ】で下半身の体幹強化と内臓の活性化

ヨガでは、ねじるポーズもよくあります。ねじることで内臓の調整、活性化につながり、消化不良や胃炎の緩和にもなります。決して勢いをつけてねじるのではなく、呼吸に合わせてゆっくりとおこなうのがコツです。息を吸うときに背筋を伸ばし、息を吐くときにねじりを深めていきます。

リカちゃんママ リフレッシュヨガ

股関節周りのほぐしには【トカゲのポーズ】が絶対おすすめ

股関節ほぐしにはトカゲのポーズがおすすめです。股関節にはリンパも多いので、トカゲのポーズで老廃物も流れやすくなります。老廃物が流れ出すと下半身がスッキリして、体が軽くなります。強めの刺激ですが、股関節やハムストリングス(太もも裏)に効いてるなぁと実感できるポーズです。

リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

呼吸に合わせた【合蹠(がっせき)の腰上げのポーズ】で骨盤調整

合蹠(がっぜき)の腰上げのポーズは、股関節を柔軟にすることができます。また、腹部の内臓機能を高め、生理痛の緩和にも効果的です。両手を合わせることを合掌(がっしょう)、両足の足裏を合わせることを合蹠(がっせき)と呼ぶのだそうです。

胸を開くとは?腰を反ることではない!左右の肩甲骨を寄せ合うこと

ランジのポーズと言えば、下半身強化のポーズとして知られていますが、胸を開く効果も高いです。正しいポーズを行わないと、効果も半減してしまいます。胸を開くことは、腰を反ることではないということをしっかり意識すれば大丈夫だと思います。

【ねじったハイランジ】は左右の違いがはっきり分かるポーズ

私は右肩も左肩もフローズンショルダーを経験しました。右肩の後、左肩を発症したのですが、左肩は未だに後遺症が残っています。なので、ポーズにもよるのですが、右と左の違いが顕著に現れるポーズがあります。こんなにも違うのかと、自分でも驚くぐらいです。

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.