https://fun.cx

常温ヨガレッスン

【ラクダのポーズ】は苦手!腰痛、首痛のある人はブロックを使って無理しない

投稿日:2017年8月11日 更新日:

ラクダのポーズって、聞いたことありますか?ヨガのポーズには、動物の名前が付いたものが多いですが、動物の名前がついたポーズは何となく覚えやすいです。

ラクダのポーズのネーミングは、ラクダのコブのように胸を上へ突き上げることからきているそうです。

身体が硬い人にとっては、このラクダのポーズは難しいと思います。腰痛や首に痛みがある方は注意して行ったほうがいいポーズです。

でも、このポーズはできるようになると、お腹や背中の引き締めなど非常に多くの効果を期待できるポーズです。

ラクダのポーズは、私にとって苦手意識が強いポーズです。

腰痛持ちではないにもかかわらず、やっとできる程度です。私は、背中が硬いせいか、後屈がうまくできません。

ラクダのポーズは、ホットヨガでも行うことがありました。ただ、ホットヨガではブロックを使うことはありません。

その点、常温ヨガはブロックを使ったりできるので、体に負担をかけずに行うことができます。

ヨガの【ラクダのポーズ】は首が痛くて後ろに倒せない

ヨガのポーズの中にラクダのポーズというのがあります。膝立ちになって腰に手を当てます。それから、肩甲骨を内側に引き寄せて胸を開き頭を後ろ倒していきます。最後は両手で足首に触ります。首の悪い私にとっては、これはハードなポーズです。

続きを見る

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ

ラクダのポーズの進め方

  1. 膝立ちになります。両ひざは握りこぶし一個分ぐらい開いて、足の甲は床につけます。
  2. 上体を後ろへ反らしていって、両手で両足の踵(かかと)を掴みます。難しい場合は、腰に手を当てても軽く後ろへ反るようにしても構いません。
  3. 胸を天井へ突き上げるようにします。

ラクダのポーズの主な効果

  • 背中の柔軟性を高める
  • 体の前面のストレッチ
  • 肩こりの緩和
  • バストアップ

ラクダポーズは柔軟性がなければ難しいポーズだと思います。

完成形ができそうにない場合は、腰に手を当ててもいいですし、下のようにつま先で立つようにすると踵(かかと)が高くなるので、幾分か楽になります。

らくだのポーズ

また、ブロックを使う方法もおすすめです。ラクダのポーズをする前に、足元にブロックを置いておきます。そして、そのブロックに手を置くようにします。

ブロックは縦にしたり、横にすることで高さを調整することができます。ヨガで使うブロックはとても軽くて肌触りの良いものです。

Outfun紫のEVAヨーガブロック ピラテスツール ストレッチエイド 23.5cm x 15.5cm x 8cm (1)

ヨガブロック

注意腰や首に痛みがある場合は、決して無理しないようにしてください。

おすすめ記事と広告
執筆者/はま

-常温ヨガレッスン

© 2021 ヨガと更年期