アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン 癒しのリラックスヨガ

股関節を柔軟にする【カエルのポーズ】に初挑戦!腰を反らずにキープ

投稿日:2018年1月30日 更新日:

ヨガのクラスによっては、プロップス(補助ツール)を使うことがあります。今日は、小さいマッサージボールを使用しました。

マッサージボール 筋膜リリース ストレッチボール ヨガフィットネス トレーニング 背中 肩こり 腰 ふくらはぎ 足裏 ツボ押しグッズ シリコンゴム/PVC 2セット/4セット

ヨガマットの上にマッサージボールを置いて、足裏でころころ転がしたり、踏んだりして足裏を刺激します。足裏のどこの位置に置いても痛い、でも気持ちいいって感じです。足裏には、多くのツボがあって痛い箇所によって、体の不調なところが分かったりするそうです

本当に足裏全部、痛かったんですけど。あちこちが不調なのかしらと少し不安になってしまうほどでした。

クラス内容

・運動量低めのリラックス系のクラス
・ボルスターやブロックなどの補助具を使ってゆっくりとポーズを行います。
・心身の疲労回復に効果的です

ヨガスタジオハートワンのリラックスヨガのクラスには久しぶりの参加です。他のクラスでは、あまり行うことがないようなポーズが多いです。

このクラスでは、初挑戦というポーズがいくつもあります。今日も初めてのポーズがいくつもありました。ポーズ自体は難しいことはないのですが、効く~ぅと思わず唸りそうなポーズが多かったです。

腰を反らない

ヨガのポーズって、本当にどれだけたくさんあるのかしら?と驚いてしまいます。今日は、カエルのポーズというのを行いました。股関節を柔軟にするポーズです。でも、股関節を思いっきり開くというより、腰を反らないように、反りすぎないように注意するためのポーズでした。

先生の話によると、「姿勢良く」とか、「胸を開く」というと腰を反る人が多いとのこと。

確かにそうです。私がそうです。ついつい腰にも肩にも力が入ってしまいます。

腰を反るということが、胸を開くこと、姿勢が良いことだと信じて疑っていませんでしたから。ヨガをしなければ、おそらく一生そう思っていたと思います。

また、教室へ通って先生の指導を受けなければ、自分が無意識に腰を反っていることや、肩に力が入っていることにも気が付かなかったと思います。

カエルのポーズ

今日のカエルのポーズも勿論、先生のアシストが入りました。自分の感覚では分からないものです。先生にアシストされて、なんとな~くこういう感じなのかとちょっとだけ理解できます。

おそらく、体に染み込むまでには、相当な年月を要するような気がします。

カエルのポーズ

出典:Yoga Share

カエルのポーズの進め方

  1. 四つん這いになります。両ひじを床につきます。手の平を床に向けます。
  2. 片方の足の膝を外へ開きます。反対の足も外へ開きます。両膝を同時に行なうのではなく、片足ずつおこないます。
  3. 足首は直角になるようにします。カエルの足のようにします
  4. 腰を反らないで尾骨を下にむけるようにします。このまま呼吸を続けながら、キープします。

股関節がびりびりします。腰を反っているつもりはなかったのですが、やはり先生の指導を受けました。先生から腰をちょっと動かされただけなのですが、股関節にぐぐーっときます。

ヨガ教室で、新しいヨガポーズを目にしたり、体験したりするたびに、どれだけ奥が深いのかと驚きますし、力を抜くことが如何に難しいかを思い知らされます。

長い間無意識に身に着いたものを1つずつ剥がしていかなければなりません。

途方もないようなことに挑戦してるような気持ちになることもありますが、体は喜んでいるようなので継続はできるかなと思っています。

今日は、今日の私に感謝です。

アドセンス

推奨管理人一押しのヨガマットです。「ヨガマットの選び方ガイド」も参考になります。

関連コンテンツ_PC

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン 癒しのリラックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.