https://fun.cx

常温ヨガレッスン アロマリラックスヨガ

立位の体側伸ばしは月のポーズで

投稿日:2018年7月28日 更新日:

猛暑ですね。これだけ暑い日が続くと、それだけで頭がぼ~っとしてきてきます。何もやりたくない状態になってしまいます。

無気力

ヨガをする前

でも、ヨガスタジオへ行ってレッスンを受けると、元気になります。

ヨガをした後

ヨガをした後

期待を裏切らないのもヨガです。朝起きて、やる気が出ないときは、「ヨガへ行こう!」と思ってしまいます。ヨガをして、身体をリフレッシュすると、その後はテキパキと動けるようになります。

クラス内容

・運動量低めのリラックス系のクラス。
・その日の天候や季節に合わせてアロマを使用し、呼吸を整えながらポーズをとっていきます。
・初心者の方、また中・上級者の方の心身のメンテナンスにも最適です。

各クラスのそれぞれの先生によって、レッスンプログラムは工夫されています。

アロマリラックスヨガのクラスでは、ウォーミングアップの時に安楽座(あんらくざ)ではなく、正座で行う肩の一連のストレッチがあります。

よく行うのが、カタツムリのポーズです。

blank
【カタツムリのポーズ】で肩関節周りの筋肉を柔軟にして肩こり解消

肩凝りの人におすすめのカタツムリのポーズというのがあります。顎を床につけて、組んだ両手を真っすぐ上へ伸ばすポーズです。完成形はできなくても、安楽座から背中に回した両手を組んで、少しずつ前へ倒していくだけでも十分です。

続きを見る

月のポーズ(半月のポーズ)

ヨガでは、呼吸を整える時間の後に、ウォーミングアップがあります。

その後、マットの上に立って、少し立位のポーズを行います。

立位のポーズもクラスによっては、ハードなものもありますが、リラックス系のクラスでは、それほど難しいものはありません。

ここでは、立位の月のポーズを紹介します。半月のポーズとも呼ばれているようです。

月のポーズ

月のポーズの進め方

  1. ヨガマットの上に立って、山のポーズをします。
    山のポーズ
  2. そして、両手を真っ直ぐ上げます。
    上に手をあげたポーズ
  3. 息を吸いながら、背筋を伸ばします。
  4. 息を吐きながら、左へ倒します。前かがみにならないように、横へ倒します。左の体側が伸びるのを感じます。左の肋骨が広がるのを感じ、右の脇腹が縮まるのじっくり感じます。
    月のポーズ
  5. 息を吸いながら、元にもどります。
  6. 息を吐きながら、今度は右へ倒します。
  7. これを2サイクル行います。

月のポーズの主な効果

  • 体側伸ばし
  • 肝臓、腎臓の活性化
  • デトックス効果を高める

関連マットに仰向けになった行う体側伸ばしのポーズもあります。バナナのポーズと呼ばれています。

blank
バナナのポーズで体の側面をストレッチ!簡単だけど気持ちイイポーズ

バナナのポーズは、バナナのように体を曲げて体の側面をストレッチするポーズです。簡単ですが、気持ちいいポーズです。体側伸ばしは、デトックスにも効果的と言われています。体側をストレッチすることで、肝臓を刺激することができて、それがデトックスにつながるのだそうです。

続きを見る

背中で手を組む形で肩周りの柔軟性をチェック

四十肩や五十肩にならないためには、普段から自分の体をチェックすることも必要です。

牛の顔のポーズでは、以下のように両手を上からと下からで組みます。この組み方が容易にできるようであれば、OKですが...

できないようであれば、肩周りが少し硬くなっているかもしれません。

牛の顔のポーズ

blank
【牛の顔のポーズ】はタオルを使って練習!背中で両手を繋ぐことってできますか?

牛の顔のポーズでは、肩の上と腰から背中へ回した両手をつなぐのですが、私は右も左も背中で手を繋ぐことができません。どんなに頑張っても、届きません。かなり離れています。できない場合は、タオルを使って練習するといいそうです。肩こりや冷え性に効くポーズです。

続きを見る

以下のような組み方で、どの組み方ができますか?試してみてください。

背中で指を掴む

背中で指を掴む

背中で肘を掴む

背中で肘を掴む

背中で合掌

背中で合掌

おすすめ記事と広告

執筆者/はま

-常温ヨガレッスン アロマリラックスヨガ

© 2020 更年期はヨガで楽しく乗り切ろう