アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン アロマリラックスヨガ

手を後ろで組んだ金剛座(こんごうざ)で肩の柔軟性を高めよう

投稿日:2018年7月28日 更新日:

猛暑ですね。これだけ暑い日が続くと、それだけで頭がぼ~っとしてきてきます。何もやりたくない状態になってしまいます。

無気力

ヨガをする前

でも、ヨガスタジオへ行ってレッスンを受けると、元気になります。

ヨガをした後

ヨガをした後

期待を裏切らないのもヨガです。朝起きて、やる気が出ないときは、「ヨガへ行こう!」と思ってしまいます。ヨガをして、身体をリフレッシュすると、その後はテキパキと動けるようになります。

クラス内容

・運動量低めのリラックス系のクラス。
・その日の天候や季節に合わせてアロマを使用し、呼吸を整えながらポーズをとっていきます。
・初心者の方、また中・上級者の方の心身のメンテナンスにも最適です。

各クラスのそれぞれの先生によって、レッスンプログラムは工夫されています。

アロマリラックスヨガのクラスでは、ウォーミングアップの時に安楽座(あんらくざ)ではなく、正座で行う肩の一連のストレッチがあります。

金剛座(こんごうざ)

ヨガでは、正座のことを金剛座(こんごうざ)と呼びます。そして、ヨガならではのお作法があります。

まず、正座したときに足の親指を重ねません。踵(かかと)を広げて、そこへお尻を入れるような感じで座ります。そして、背筋はまっすぐ伸ばして、肩の力を抜いて、両手は軽く膝の上に置きます。

金剛座

出典:YogaShare

手を後ろで組んだ金剛座(こんごうざ)

手を後ろで組んだ金剛座

出典:YogaShare

金剛座のまま行う肩のストレッチです。

  1. 金剛座になります。
    金剛座

    出典:YogaShare

  2. 両手を組んで、息を吐きながら、両手を前に突き出します。肩甲骨を開くイメージです。
    両手を前に出した金剛座

    出典:YogaShare

  3. 息を吸いながら、組んだ両手を胸の前に引き寄せ、息を吐きながら手の平を返して上に持ち上げます。
    両手を上に
  4. 両手を離して、今度は背中で両手を組みます。息を吸いながら、胸を開きます。
    両手を後ろで組んだ金剛座
  5. 息を吐きながら、両手を組んだまま、上体を前にゆっくり倒していきます。できれば、額をマットについて、両手を前方へ向けるようにます。この状態のまま、数呼吸キープします。
    手を後ろで組んだ金剛座

    出典:YogaShare

  6. ゆっくり上体を起こして、金剛座(こんごうざ)に戻ります。

手を後ろで組んだ金剛座は、ヨガの印のポーズとも呼ばれています。(YogaShareより)

この一連の流れを5回繰り返します。これだけで、身体がぽかぽかしてきます。

1回目は硬かった肩周りも、繰り返すうちにだんだん柔らかくなってきます。一連の動作ですが、呼吸に合わせて行うことが大切です。

手を後ろで組んだ金剛座は、肩の柔軟性を高める効果があります。また、肩こりや肩関節の痛みを和らげることができます。

金剛座(こんごうざ)のポーズで深い呼吸を続けるだけでも、気持ちを落ち着かせることができます。

手を後ろで組んだ金剛座に似たポーズとしては、カタツムリのポーズがあります。

リカちゃん ヒーリングアロマヨガ
【カタツムリのポーズ】で肩関節周りの筋肉を柔軟にして肩こり解消

肩凝りの人におすすめのカタツムリのポーズというのがあります。顎を床につけて、組んだ両手を真っすぐ上へ伸ばすポーズです。完成形はできなくても、安楽座から背中に回した両手を組んで、少しずつ前へ倒していくだけでも十分です。

続きを見る

ヨガの座り方

ヨガでは、金剛座(こんごうざ)以外にも、吉祥座(きっしょうざ)蓮華座(れんげざ)なとの座り方があります。足の組み方が異なります。

以下の記事でも、少し紹介しています。

リカちゃんママ リラクゼーションヨガ
ヨガの座り方(安楽座・蓮華座・半蓮華座)の違いは足の組み方

ヨガとストレッチの一番の違いは、呼吸です。ヨガでは、吸う息、吐く息に合わせてポーズを行います。最初は慣れないかもしれませんが、次第にできるようになります。呼吸に合わせず、呼吸を止めてしまうようであれば、ヨガの効果が半減すると言われています。

続きを見る

吉祥座(きっしょうざ)

吉祥座

出典:YogaShare

蓮華座(れんげざ)

蓮華座

出典:YogaShare

ヨガ教室では、安楽座(あんらくざ)が出来ない人もいます。安楽座(あんらくざ)とは、胡坐(あぐら)のことですね。

安楽座(あんらくざ)が辛い場合は、ブロックやブランケットをお尻の下に敷いても構いません。今日おこなった金剛座(こんごうざ)も、同じです。

ヨガでは、辛い姿勢を強要されることはありません。私も少し長い時間、安楽座でいると股関節周りが痛くなることもあります。その時は、ブランケットを折りたたんで、お尻の下へ敷くようにしています。ブランケットをお尻の下に敷くだけで、ずいぶん楽になります。

秦運動具工業 ヨガブロック ピンク YK381

ヨガブロック

Fastar ヨガブランケット 200*150cm ヨガタオル カシミヤライク ヨガラグ マット 軽量 抗菌 超汗取り ソフト 運動会/キャンプ/花火大会/花見/旅行に使用可能

ヨガブランケット

姿勢が悪くなって背中が丸くなるより、骨盤を立てることが重要なので、積極的にブロックやブランケットを使っていいそうです。ヨガでは、決して無理な姿勢はしないようにします。

今日は体調が良くないなと思ったら、遠慮せずにブランケットやブロックを使いましょう。レッスン開始前に、手の届く範囲に置いておくといいですね。

アドセンス

比較

関連コンテンツ_PC1

おすすめ記事と広告

-常温ヨガレッスン アロマリラックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.