常温ヨガレッスン 癒しのアロマヨガ

【ねじったハイランジ】は左右の違いがはっきり分かるポーズ

投稿日:2017年12月29日 更新日:

今日もローズマリーの香りがスタジオ中に満ち満ちていました。アロマヨガのクラスは、いくつかありますが、どのクラスも私のお気に入りです。いい香りの中で胸いっぱい、お腹いっぱい吸い込むと気分も高揚してきます。

特にローズマリーは前向きに元気にしてくれる効果があるようです。血行促進の効果も高いので、マッサージでもよく使われているようです。

クラス内容

・適度に体は動かすが、初心者にもやさしいクラス
・おなかを使う丹田式呼吸を実施。呼吸とポーズを連動させ体の巡りを高めます。
・呼吸を整え体の不調を改善していくプログラムです

クラス選びは先生

ヨガレッスンを選ぶときには、クラス内容や運動レベルも一応チェックしますが、一番の決め手はインストラクターの先生です。どうしても合う合わないはあります。相性というのはあると思います。ヨガスタジオハートワンでは、10数人のインストラクターの先生が各クラスを担当されています。嫌いな先生はいません。

ですが、ポーズとポーズの間の取り方とか、説明されるときの話し方とか、好きになれる先生とそうではない先生がいます。ですから、どうしても先生を基準にクラスを選びがちになってしまいます。

ときどき、都合が合わなくて、あまり参加したことのないクラスに入ることがあります。そうすると、すっごく新鮮な感じです。やったことのないポーズを経験することもあります。

今日参加したクラスも2度目のクラスです。一度目で感触が良かったので、ましてアロマのクラスですし。足取りも軽くスタジオに入りました。

一回のレッスンで数多くのポーズを行いますが、半分ほどのポーズはあまり体験したことのないポーズでした。決して難しいというわけではありません。ヨガって奥が深いというか、どれだけのポーズがあるんだ?!と驚かされます。

日常では、決してとることのないポーズ、目にすることもないポーズです。だからこそ、普段の生活では使っていない筋肉を伸ばすことができるんですね。

右と左の違い

私は右肩も左肩もフローズンショルダーを経験しました。凍結肩肩関節周囲炎四十肩五十肩とも呼ばれているあの病気です。右肩の後、左肩を発症したのですが、左肩は未だに後遺症が残っています。

右肩こり
右五十肩はある日突然やってきて日常生活に支障が

突然、本当に突然、右腕が上がらなくなりました。ブラジャーの留め具を留めることができないのです。腕を上げられないことで日常の生活に支障がでます。服を脱ぐのも着るのも痛い、時間がかかる。ビンやペットボトルの蓋も開けられなくなりました。

続きを見る

左肩こり
左五十肩と頚椎症で肩も上がらないし首も回らない

まさか、また五十肩を発症するとは!右の五十肩で苦しんで、やっと解放されていたのに、左肩も発症するなんて!ショックでした。症状から すぐに五十肩だと判断できました。2度目ですからね。そして、月日が経てば治るんだという確証もありました。

続きを見る

右に比べると、左肩の可動域が狭いのです。痛みはないので、日常の生活に支障はありません。

ただ、ヨガポーズをとると、ポーズにもよるのですが、右と左の違いが顕著に現れるポーズがあります。こんなにも違うのかと、自分でも驚いてしまいます。

その左右の違いに驚くポーズが、下のねじったハイランジというポーズです。右手はどうにか上げられるのですが、左手は上げるどころか、真横までで精一杯です。

ねじったハイランジ

ねじったハイランジ

出典:Yoga Share

ねじったハイランジの進め方

  1. 板のポーズになります。俗にいう腕立て伏せのポーズですね。
    板のポーズ

    出典:Yoga Share

  2. 右足を、両手の間に移動させます。右手寄りのほうに置きます。両手と足先が直線になるようにします。
  3. 両手をハンズカップ(指立て)にして、正面を見ます。右膝(ひざ)の真下に足首がくるように直角において、右足を踏ん張ります。
  4. 左足のつま先を床に立てて、膝(ひざ)も床から離して伸ばします。ハイランジです。※画像では、足は逆になっています。
    ランジのポーズ

    出典:Yoga Share

  5. 左手は手の平を床につきます。右手は一度 右膝の上に置いて、それから天井へ向けて真っ直ぐに上げます。
    ねじったハイランジ

    出典:Yoga Share

  6. できるだけ胸を開くようにして、呼吸を続けます。
  7. ゆっくり、ひとポーズずつ戻していきます。
  8. 反対の足も同様に行います。

このポーズは、下半身強化はもちろんですが、ねじることで内臓も刺激します。右手は上へ向けることができるのですが、左手は上げることができません。上げようと意識しても、まったく動きません。痛くはないのですが、固まってる感じなんですね。胸を開くようにと言われるのですが、それどころではありません。

無理はしないのがヨガですから、できるところまでです。

左側を向くときは、とても変な恰好です。こういうとき、ああ、五十肩だったんだと、五十肩であったことを思い出します。生活の中で痛みを感じることはありませんから、なおさらです。

ヨガを続けていくうちに、少しずつ左腕を上げれるようになったらいいなと思っています。

シャバアーサナで鼾

レッスンの終わりは、お決まりのシャバアーサナ(寝るだけのポーズ)です。今日は、この時 本当に寝入ってしまったようです。自分の鼾で目が覚めましたから。(^^ゞ

気にしません。だって、私だけではないですから。スタジオのあちこちから、「すー、すー」「がぁー、がぁー」と聞こえてきます。熟睡

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン 癒しのアロマヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.