アドセンスリンクユニット

常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

ベルトを使った体側伸ばしと肩周りのストレッチで肩こり解消

投稿日:2018年4月11日 更新日:

ヨガ教室も来月から、プログラムスケジュールが大幅に刷新されるとのこと。楽しみなような怖いような感じです。好きなクラスが無くなってしまったら困るし。

先生に聞いてみたところ、骨盤調整ヨガのクラスは存続するらしく、ほっとしています。

クラス内容

・運動量低め~中程度のクラス
・上半身と下半身をつなぐ重要な関節である骨盤を中心に、全身の調整を行っていきます。
・骨盤まわりの筋肉をしなやかに保ち、骨盤の歪みや開きを矯正し、腰痛や姿勢の改善、疲れやすい体の改善にも効果があります。

仰向けになって全身を調整するプログラムが中心になっているクラスですが、その前後には、ウォーミングアップのポーズや、立位のポーズも取り込まれています。

今日は、ウォーミングアップの時に、ベルトを使ったストレッチを行いました。

HIGASHI ヨガベルト ヨガストラップ ストレッチストラップ 初心者向きSO-J04-0014 (プラスチックバックル ライトパープル)

ヨガレッスンでは、ヨガポーズばかりでなく、筋肉をほぐすためのストレッチを行うこともあります。ただ、ストレッチと違うのは、呼吸に合わせて行うということですね。

リカちゃん デトックスヨガ
【ストレッチ】と【ヨガ】の違いはわかりますか?

ヨガとストレッチの違いってわかりますか?ポーズをするだけならストレッチ、呼吸に合わせて行うのがヨガです。呼吸を意識するって、日常生活の中ではあまりないですよね。ヨガでは、呼吸に合わせながらポーズを行います。深い呼吸を繰り返すことで意識がクリアになります。

続きを見る

自宅で行うときは、タオルなどで代用することができるストレッチです。

ベルトを使った体側を伸ばすポーズ

ベルトを使った体側伸ばし

ベルトを使った体側を伸ばすポーズの進め方

  1. ベルトを肩幅より少し広いぐらいの長さに調整します。
  2. 息を吸いながら、ベルトを横に張ったまま、天井へ向けて上げていきます。
    ベルトを使った体側伸ばし
  3. 息を吐きながら、右側へ上体を倒します。ベルトはピンと張ったまま、左のお尻がマットから離れないように気をつけます。左の体側の伸びを感じます。
    ベルトを使った体側伸ばし
  4. 息を吸いながら、上体を起こします。
    ベルトを使った体側伸ばし
  5. 息を吐きながら、今度は左側へ上体を倒します。右と同じように、ベルトはピンと張ったまま、右のお尻がマットから離れないようにします。右の体側の伸びを感じます。
    ベルトを使った体側伸ばし
  6. 息を吸いながら、上体を起こします。この動作を3回繰り返します。
    ベルトを使った体側伸ばし

ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチ

ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチ

ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチの進め方

  1. ベルトを肩幅より少し広いぐらいの長さに調整します。
  2. ベルトをピンと張ったまま、息を吸いながら、天井へむけて上げていきます。
    ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチ
  3. ベルトをピンと張ったまま、息を吐きながら、上体を前に倒していきます。床すれすれになるぐらいまで、倒していきます。
    ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチ
  4. 息を吸いながら、上体を起こします。ベルトはピンと張ったままです。
    ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチ
  5. 息を吐きながら、今度は背中のほうへ腕を回します。ベルトの幅が広いと回せるかもしれませんが、肘を曲げて回してもかまいません。
    ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチ
  6. 息を吸いながら、腕を上げます。これを3回繰り返します。
    ベルトを使った肩周りをほぐすストレッチ

横に倒すときも、倒すのが目的ではなくて、体側を気持ちよく伸ばすことが目的なので、しっかり体側の伸びを感じるようにします。

両方の尾骨をマットから離さないように気をつけると、より伸びを感じることができます。

このウォーミングアップだけでも、身体はぽかぽかしてきます。肩周りや肩甲骨、体側を伸ばすことで血行が良くなったのでしょうね。

ホットヨガの教室では、こういうプロップス(補助ツール)を使ったストレッチを行うことはなかったですが、常温ヨガではクラスによっては使うことがあります。もちろん、プロップスを一切使わないクラスもあります。

リカちゃん ヨガとホットヨガの違い
【ホットヨガ】と【常温ヨガ】の違い!体験した私が感じた10の比較

ヨガは、運動が苦手な方も、リズム感がなくても楽しめるエクササイズです。もちろん、年齢も関係なく、年配者でも楽しむことができます。常温ヨガ教室とホットヨガ教室のどちらにも通った経験がある私がその違いについて考えてみました。

続きを見る

ベルトを使うポーズとしては、サギのポーズなどもよく行います。

リカちゃん ベーシックヨガ
ヨガベルト(タオル)を使った【サギのポーズ】で足の浮腫みを解消

ヨガでは、補助ツールを使うことがあります。ブロックや、ベルト、ローラー、ブランケット、ボルスターなどがあります。また、この補助ツールのことは、プロップスとも呼ばれます。サギのポーズや牛の顔のポーズのときは、ベルトを使ってポーズをすることがあります。

続きを見る

自宅では、タオルなどで代用できるストレッチなので、肩こり軽減のために行なってみてください。

アドセンス

比較

推奨管理人一押しのヨガマットです。「ヨガマットの選び方ガイド」も参考になります。

関連コンテンツ_PC1

おすすめ記事と広告

-常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.