常温ヨガレッスン リストラティブヨガ

ボルスターを使った片足のワニのポーズで内臓のデトックス

投稿日:2018年6月17日 更新日:

ヨガのねじりのポーズは、数多くあります。難易度が低いものから高いものまで実にさまざまです。また、座位のポーズもあり、立位のポーズもあります。

どのクラスのレッスンでも、ねじりのポーズは必ずといっていいほど入っています。入っていないクラスはないほどです。

体をねじるというのは、日常の生活ではあまり行なうことはないと思います。だからこそ、重要なんですね。

上体をねじるポーズは、内臓を刺激する効果があります。内臓を刺激すると、内臓が活性化して動きだします。そうすると、便秘解消にもつながっていきます。

クラス内容

・「リストラティブ=心身回復」を目的とします。
・ブランケット、ボルスター、ベルトなどの「補助用具」を使用。全身の力を抜いた無理のない姿勢でゆっくりとポーズをとります。
・ほぼ静止の状態ですが、適切なポーズをとることで、筋肉をじわじわと伸ばし、疲れた身体、心、神経を鎮め、深いリラックス状態へ導きます。

ヨガスタジオハートワンでも、ねじりのポーズは、本当にいろいろ習ってきました。クラスの運動強度にあったねじりのポーズがプログラムされています。

リストラティブヨガのクラスでも必ずねじりのポーズはあります。今日は、ボルスターを使ってねじりました。

ボルスター

ボスルターというのは、下のような柔らかすぎず、硬すぎずな感じの大きなクッション、または長い枕のようなものです。

ボルスター (レッド)

ボルスター(bolster)とは、英語で支えるとか、長枕という意味です。

ボルスターは、リストラティブヨガ以外のクラスでも使うことがあります。運動レベルが低い★の数が1個、2個のクラスでは、時々使っています。

片足のワニのポーズ

今日のリストラティブヨガのクラスでは、ボルスターを使ったワニのポーズを行いました。

下の画像では、ボルスターは片方にしかおいていませんが、レッスンでは、反対側にもう一個を置いて行いました。

ボルスターを使った片足ワニのポーズ

ボルスターを使った片足のワニのポーズの進め方

  1. マットの上に仰向けになります。
  2. 左足の膝(ひざ)を立てます。
  3. 息を吐きながら右側に倒します。左の膝をボルスターの上に置きます。
  4. 両手は肩の高さまで上げて、手の平は下に向けます。できれば、顔は曲げた足と反対側、左側に向けます。
  5. 左の肩が浮きやすくなるので、出来るだけ床につけるようにします。
  6. このポーズのまま、数分間キープします。
  7. 反対側も同様に行います。

通常のヨガのクラスでは、下の記事のように行うことが多いです。

特に、キャンドルアロマクラスや、リラクゼーションヨガのクラスは毎回のように行っています。クラスによって、同じポーズでも、キープする時間はそれぞれ異なります。リラックス系のクラスでは、数呼吸と言っても割と長目です。

リカちゃんママ ベーシックヨガ
【ワニのポーズ】で腹部をねじってデトックス!ギックリ腰や腰痛の予防も

ワニのポーズは、腹部や腰をかなり深くねじるポーズです。ねじることで、内臓を刺激してデトックス効果もあるポーズです。また、腰の筋肉をほぐして緊張を取り除くこともできます。すでに腰に違和感がある場合は、気をつけながら無理をしない程度に行ないます。

続きを見る

また、片膝ではなく両膝を倒すポーズもあります。これもボルスターを使って行います。

リカちゃん リストラティブヨガ
ボルスターを使ったワニのポーズで胸を開いて腸の動きも活発に

リストラティブヨガは、他のヨガクラスと違って、ヨガマットの上やボルスターの上に仰向けになっている時間が多いクラスです。1つのポーズをキープする時間も長いです。時々、レッスン開始からすぐに、スース―と鼾が聞こえてくることもあります。気持ちも体もリラックスできます。

続きを見る

浅く長くか深く短くか

通常のクラスであれば、ポーズをキープにするといっても数呼吸ですが、リストラティブヨガでは数分間です。

ボルスターで高さがある分、ねじりは浅くなりますが、キープの時間が数分間と長くなります。

深いねじりを短い時間キープするのか、浅くても長い時間キープするのかの違いですね。

どちらが効果があるかというのは分かりませんが、浅いねじりでもリラックスして行うポーズが好きな人もいると思いますし、向き不向きもあるような気がします。

私はどちらかというと、浅くてもリラックスしてポーズするほうが好きです。

ねじりのポーズは、内臓のデトックスはもちろんですが、腰の筋肉を緩めて緊張を取り除くこともできます。

推奨管理人一押しのヨガマットです。「ヨガマットの選び方ガイド」も参考になります。

おすすめ記事と広告

注目記事

leepによる子宮頚部円錐切除術 1

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けました。LEEP手術はすぐに終わったのですが、手術して一週間後、大出血して今度は縫合手術を受けました。病理検査では、問題がないということで安心しました。

2

話題の【貼るサプリ】をハワイで購入してみました。ダイエットやアンチエイジングなど、バリエーションも豊富です。かぶれもなく、簡単で安心なサプリです。日本からも購入することができます。

不整脈 3

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。夏こそ不整脈が起きる人が多いとのこと。いくら水分をとっていても、出す水分が多ければ、やはり脱水になってしまいます。

-常温ヨガレッスン リストラティブヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2018 All Rights Reserved.