https://fun.cx

ホットヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

股関節を柔軟にする【鳩のポーズ】はバリエーションに富んでいる

投稿日:2017年8月2日 更新日:

不整脈になってからは、少し用心するために出来るだけ室温が低いクラスを選択して参加するようにしています。今日は、室温が低い骨盤コンディショニングヨガのクラスがあったので参加してきました。

室温が低くても、汗はしっかりかきますが、それでも室温の高いクラスに比べるとかなり少ないです。常温ヨガのスタジオに変わる予定ですが、8月末まではホットヨガです。

クラス内容

骨盤回りの筋肉をほぐしたり鍛えたりして、歪みを整える。骨盤が整うことによって全身のバランスが良くなり、代謝アップやデトックス効果も得られる。

ホットヨガ【カルド中洲】骨盤調整ヨガのクラスは、室温は低(ぽかぽかホット 室温30度~32度)、初級・中級者向け、60分のクラスです。

中級者向けのクラスに参加すると、時々、鳩のポーズがあります。初心者クラスでは、めったにない気がします。

今日も鳩のポーズのバリエーション版を次々と行いました。はっきり言って、私はまだ鳩のポーズの完成形はできません。でも、先生はもちろんですが、出来る方々のポーズを見ると、本音で「美しいなぁ~」とほれぼれしてしまいます。

下の画像が鳩のポーズの完成形です。

片脚をかけた鳩のポーズ

片脚をかけた鳩のポーズ

私は、出来ないので下のポーズです。伸ばした指先は親指と人差し指で輪っかを作って、残りの三本の指はくっつけて前へ伸ばします。

鳩のポーズ バリエーション

おすすめコラム鳩のポーズの正しいやり方と効果

鳩のポーズのバリエーション版

鳩のポーズといえば股関節を柔軟にするポーズとして有名ですが、バリエーションに富んでいて、上記の完成形に行きつくまでにいくつかのポーズをとります。

上体を前屈しているポーズもあります。これだけでも、股関節はじわ~とかなり刺激されます。

眠った鳩のポーズ

眠った鳩のポーズ

そして、今日は、さらにバリエーションが。足は鳩のポーズのままにして、上体を糸の針通し、または針の目と言われるポーズをしたのです。

【針の糸通しのポーズ】で肩、腰、背筋の凝りをほぐして血行促進

針の糸通しと言うネーミングは、脇の下を通す動作が糸通しに似てるところからきているそうです。肩凝りや肩甲骨の柔軟性を高める効果が高いポーズですが、上半身をねじるので内臓を刺激して、腸内環境も整えることにもできます。また、意識する箇所を変えるだけで、背中や肩甲骨の伸びが違ってきます。

続きを見る

糸の針通しを行うと肩関節周りも刺激されます。股関節と肩関節の両方が同時に伸びるのを感じます。

初めて行ったポーズです。ヨガって本当にどんだけポーズがあるんだ?と思ってしまいます。

左の腕を右腕の脇の下を通して、右手は頭の上の床におきます。

片脚を伸ばした鳩のポーズ

鳩のポーズも上体を起こした下のポーズでも十分な効果を得ることができます。この片脚を伸ばしたハトのポーズのやり方です。

いろいろな方法がありますが、今日のクラスで行った方法を紹介します。

片足を伸ばしたハトのポーズ

片脚を伸ばした鳩のポーズの進め方

  1. まず、腕立て伏せになります。
  2. 右足を両手の前まで移動させます。
  3. そして、左方向へとことこ移動させて腰を落とします。曲げた足を恥骨に近づけるのではなく、真横になるようにすると股関節の刺激が強くなります。曲げた足は、気持ちの良い位置を探して調整します。
  4. 後ろの足は、真っすぐ伸ばして足の甲は床につきます。
  5. 両手は床について上体を真っすぐ起こします。腰に痛みがある場合は無理はしないでください。
  6. 反対も同じように行います。

片脚を伸ばした鳩の主な効果

  • 股関節を柔軟にする

上の片脚を伸ばした鳩のポーズは、完成形の鳩のポーズの準備運動(ウォーミングアップ)としてもよく紹介されています。

鳩のポーズは、股関節を柔軟にするだけでなく、姿勢改善にも効果があるとのことです。

鳩の完成形のポーズが出来る方は、これから先もずっと出来るように時々はポーズをとってくださいね。やらないと、すぐに体は硬くなってしまいますから。

追記ヨガスタジオに通って2年ほどで、片脚をかけた鳩のポーズができるようになりました!

【片脚をかけた鳩のポーズ】ができた!いつの間にか柔軟性がアップしたのかも?

ヨガスタジオのポスターなどで、よくみかける「鳩のポーズ」というのがあります。私にとっては非常に難しいポーズです。なんと!このポーズで両手を繋ぐことができたのです!事前に十分なストレッチをおこなったからだと思います。柔軟性が必要なポーズです。

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨より快適なレッスンを受けられるように準備しましょう。
執筆者/はま

-ホットヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

© 2020 更年期はヨガで楽しく