常温ヨガレッスン | ヨガと更年期

リカちゃん アロマヨガ

【ひばりのポーズ】で胸部のストレッチ!胸を開いて深い呼吸をしよう

ひばりのポーズは、胸を開くためのストレッチ効果が高いポーズです。両手を後ろへ引くので、胸を開きやすくなります。また、股関節周りもほぐすので血行促進にもなります。胸を開くことができるようになると、姿勢が良くなり深い呼吸もできるようになります。

リカちゃんママ リフレッシュヨガ

ヨガの四つん這い(テーブルのポーズ)もヨガのお作法がずらり

先生が良く言われます。「呼吸が楽に出来る位置を探しながら、行いましょう。ヨガは完成形のポーズを競うものではありません。自分で気持ちがイイと思う位置で十分ですよ。」ヨガは、呼吸を大切にします。だから、呼吸が止まるほど、頑張ってはいけないんですね。

リカちゃん 骨盤調整ヨガ

サソリのポーズ(ダウンドッグ・スプリット)で骨盤周りの血行促進

ダウンドッグ・スプリット(サソリのポーズ)は、疲労回復効果も高いですが、気持ちを前向きにする効果もあります。体幹強化にもなりますし、終わった後のスッキリ感が半端ないです。両手と片足で体を支えるわけですが、頑張り過ぎず、出来る範囲で行います。

リカちゃん ビギナーヨガ

【ウォーキングダウンドッグ】で脹脛(ふくらはぎ)伸ばし

下を向いた犬のポーズの完成形は、綺麗な三角形をしているのですが、自分でやるとなかなか綺麗にはできません。まず、踵をマットにつけるのさえ難しいです。ですが、ウォーキングダウンドッグを行った後は、1回目よりずいぶん楽に踵をつけられるようになります。

リカちゃんママ アロマリラックスヨガ

手を後ろで組んだ金剛座(こんごうざ)で肩の柔軟性を高めよう

金剛座とは、正座で足の親指を重ねないで座るポーズのことです。手を後ろで組んだ金剛座は、肩の柔軟性を高める効果があります。また、肩こりや肩関節の痛みを和らげることができます。金剛座で深い呼吸を続けるだけでも、気持ちを落ち着かせることができます。

リカちゃん ベーシックヨガ

鋤(すき)のポーズやねじりのポーズで内臓を活性化して冷えを解消

内臓は思っている以上に冷えています。ヨガのねじりのポーズは、内臓を刺激して活性化する効果があります。また、ポーズを解いた後は、内臓に血が巡ってぽかぽかしてきます。鋤(すき)のポーズも内臓の活性化に効果のあるポーズです。内臓を正常な位置へ戻す効果もあります。

リカちゃん ベーシックヨガ

トカゲのポーズを解いた後の余韻や左右の違いも感じて!効果も変わる

ヨガではポーズを解いた後の余韻も感じて大切にします。血の流れを感じたり、左右の違いを確認することで効果も変わってきます。体側伸ばしやトカゲのポーズなどは、特に余韻を感じることができると思います。また、バランスのポーズなどは左右の違いを感じやすいです。

リカちゃんママ ビギナーヨガ

つま先立ちの女神のポーズで足首と脹脛の筋肉強化!浮腫み防止にも

浮腫み防止には、脹脛(ふくらはぎ)の筋肉も必要なのだそうです。つま先立ちの女神のポーズは、足首や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉を強化する効果がありますが、この姿勢でキープするにはバランスも必要もなります。簡単に見えるポーズですが、難易度の高いポーズです。

リカちゃん アロマヨガ

座位のねじりのポーズから片手を上げて背中の筋肉にアプローチ

お腹をねじることで、内臓を刺激して活性化させることができます。内臓の動きが活発になります。老廃物を排出しやすくなり、代謝アップにもつながります。また、座位のねじりのポーズから片手を上げると、背中の筋肉へアプローチすることができます。

ねじったランジのポーズまでの過程もいろいろ。あなたに合う方法はどれ?

ねじったランジのポーズは、ランジのポーズから上体をねじって合掌するのですが、正面で合掌してねじる場合と、片手を膝に置いた後に合掌する場合があります。片手の肘を膝に固定してから、合掌する方がバランスはとりやすいです。ぽっこりお腹の方にもおすすめのポーズです。

リカちゃん キャンドルアロマヨガ

【舟のポーズ】で腹筋【片足のワニのポーズ】で腸を刺激して便秘解消

ちょっとお腹が詰まって便秘していても、キャンドルアロマのクラスに参加すると便通がよくなることがあります。舟のポーズや片足のワニのポーズで内臓をしっかり刺激しているのだと思います。お腹が活性化されてスッキリすると、気持ちもスッキリします。

Copyright© ヨガと更年期 , 2019 All Rights Reserved.