常温ヨガレッスン | ヨガと更年期

【フローヨガ】とは流れるようなポーズの連続、きついけど脂肪燃焼ができる

フローヨガは、ハタヨガに比べるとちょっとハードかもしれません。1つ1つのポーズをゆっくり丁寧に行うというより、流れを重視するようなクラスです。どちらかというと立位のポーズが多いですし、脂肪燃焼効果の高いプログラムになっていると思います。

ベルトを使った体側伸ばしと肩周りのストレッチで肩こり解消

ヨガレッスンでは、ヨガポーズばかりでなく、筋肉をほぐすためのストレッチを行うこともあります。ただ、ストレッチと違うのは、呼吸に合わせて行うということですね。このストレッチだけでも、肩周りや肩甲骨、体側を伸ばすことで血行が良くなります。

【鷲のポーズ】ができない!はじめは手の甲を合わせてポージング

鷲のポーズは、肩甲骨や肩、背中上部のストレッチに効果のあるポーズです。このポーズは、少し複雑なポーズなので、人によって効果がある部位が異なる気がしますが、肩周り、肩甲骨周りのストレッチには強力なポーズです。肩凝りに悩んでいる方にもおすすめのポーズです。

blank

【かんぬきのポーズ】で腎臓と肝臓を活性化して老廃物を体から追い出そう

かんぬきのポーズは、腹部の内側にある腎臓や肝臓を脇腹を伸ばすことで、刺激することができます。肝臓や腎臓を活性化することで、老廃物を流しやすくなります。胸を開くことで、深い呼吸ができるようになって新陳代謝もアップし、脂肪燃焼にもつながります。

blank

座位のツイストのポーズで腸のデトックス!内臓を刺激して老廃物も流す

半分の魚の王のポーズは、かなり深いねじりになります。呼吸を忘れがちになりますが、吸って上へ伸びて、吐いてねじることをしっかり意識します。ねじる時は、お臍の下からねじって、胸、肩、首の順でツイストしていきます。首だけをねじらないようにします。

blank

花粉症の鼻詰まりを楽にするには【鋤(すき)のポーズ】がおすすめ

鋤(すき)ポーズは、首の後ろを伸ばすと同時に、喉を刺激して甲状腺の機能を良くするので喉や鼻の不調に効果的なのだそうです。また、逆さになるので、内臓も活性化して血行も良くなります。花粉症で苦しい鼻詰まりが少しでも楽になるといいですね。

blank

ウサギのポーズ(シャシャーンカアーサナ)で百会のツボを刺激

脳の活性化に効果的なのが、ウサギのポーズです。このウサギのポーズは、サンスクリット語で「シャシャーンカアーサナ」と呼びます。頭頂部には、百会(ひゃくえ)のツボという箇所があります。ウサギのポーズで、この百会のツボを刺激すると、頭痛や不眠症の改善にも効果があります。

blank

ホットヨガが向く人と向かない人

インストラクターの先生の話によると「ホットヨガは、筋肉質で太っている人がダイエットする場合はいいけど、色白で筋肉がない人には向かない。もともとヨガは汗をかくためのエクササイズではないですから。」とのこと。私は、やはりホットヨガには向かない体質だったのかもしれません。

blank

【ワニのポーズ】で腹部をねじってデトックス!ギックリ腰の予防にも

ワニのポーズは、腹部や腰をかなり深くねじるポーズです。ねじることで、内臓を刺激してデトックス効果もあるポーズです。また、腰の筋肉をほぐして緊張を取り除くこともできます。すでに腰に違和感がある場合は、気をつけながら無理をしない程度に行ないます。

blank

腰回りの筋肉を伸ばす【真珠貝のポーズ】もブロックとボルスターで楽々

真珠貝のポーズは、背中や腰の筋肉をじんわりと伸ばすことができます。足を開くことで、股関節も柔軟にすることができます。骨盤内の血行が良くなって、生理痛やイライラも鎮めることができます。真珠貝のポーズのように下を向くポーズは、気持ちを落ち着かせる効果もあります。

blank

【半円のポーズ】で体側をおもいっきり伸ばして元気スイッチをオン

門のポーズも脇腹をストレッチしますが、半円のポーズでさらにストレッチします。門のポーズから半円のポーズを連続して行うことで、全身の筋肉をストレッチすることができます。特に体側や背中を気持ちよく伸ばすことができます。猫背の解消にも効果的なポーズです。

blank

ヨガの女神のスクワット(ポーズ)は正しい姿勢で行なってこそ効果あり!

スクワットはダイエットにも効果的ということは、よく耳にしますが、正しい姿勢で行ってこそ、効果があるというものです。インナーマッスルを鍛えて基礎代謝量をアップさせると、ダイエットにもつながります。女神のポーズは、下半身全体と腹筋にも効果が大きいポーズです。

blank

ブロック2個を使った【仰向けの合蹠(がっせき)のポーズ】は股関節も胸も開く

どのクラスでも胸を開くポーズは多いです。このクラスではブロック2個を使うポーズです。このポーズは胸も開きますが、合蹠なので股関節も緩めることができます。肩甲骨にも十分な刺激があります。合蹠(がっせき)のポーズは、生理痛や骨盤調整にも効果的です。

© 2020 更年期はヨガで楽しく乗り切ろう